プラスチック成形加工学会 「樹脂系材料による自動車軽量化の最新動向」

◆PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/

 ・型寿命評価研究/・金型材料被作性研究/

        ・新加工技術研究委員会等新発足

          PR+++・一般社団法人 型技術協会◆

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

■2013年07月例会 「第91回・金型産業未来塾」■

  ドラッカーの「現代の経営」を学んで

  「京都を世界の試作産地に!」する中小企業グループの活動報告

    講 師  京都試作センター(株) 代表取締役社長 鈴木三朗

 京都の中小企業の社長たちが経営の神様と言われるピーター・F・ドラッカーの「現代の経営」をテキストにして学んだ結果生まれたのが「京都試作ネット」という「試作加工に特化したソリューションサービス」の企業グループです。

 今回、お話を頂く京都試作センター(株)鈴木三朗代表取締役社長は、この試作グループの中核として、「京都を世界の試作産地に!」という目標を掲げて活動を続けています。

1)商品開発初期段階から顧客と一緒に参画し、加工業者からの提案をし、顧客の開発の効率化を図る。

2)企業連合で知恵を出し合って創発し、顧客にソリューションを提供し、新しい価値を創造する。

3)試作という高度なものづくりを通じて、それに携わる人々に人としての成長の機会を提供する。

 京都で生まれた特異な”試作集団”が、これまでどのような活動をし、どのような実績を上げてきたのか、そして「試作グループ」という日本独特の研究・開発の重要な技術の展望について、金型・プレス・樹脂加工・表面処理・鋳物・3Dレーザ加工・ワイヤ放電加工等々の試作企業の事例を上げながら具体的に紹介を頂きます。

 さらに「IT鉄工所」、「5軸加工絵画」など動画によるお話も加えて素晴らしい試作企業活動にも触れて頂きます。

<参考> http://www.kyoto-shisaku.com/

★日 時 平成25年7月31日(水)18時~20時

★会 場 日本工業大学神田キャンパス 

      http://mot.nit.ac.jp/images/submenu/accessTable01.gif

★申込はこちらへ 

      ・ http://www.npo-admf.org/

      ・メール info@npo-admf.org

       (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム 

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    西部支部講演会(第9回)

「IMVから読み解くトヨタのモノづくり~クルマづくりの標準化と多様化~」

          講 師:鹿児島県立短期大学教授  野村俊郎

 

 今回はJETROの委託研究員でもある野村俊郎先生をお招きして、トヨタの世界市場向け自動車開発・生産の特徴についてお話していただきます。

 いまや中国やタイなどの東南アジア諸国をはじめ他の後発国においても自動車生産が本格化してきましたが、こうした国々での自動車生産はモジュール化やメガプラットフォーム化を特徴としています。そうした世界的動向を背景に、トヨタは5車型共通プラットフォームで「標準化」と「多様化」を追求した世界市場向けIMVを開発してきました。IMVは「日本にマザーなし」で開発した「途上国専用車」です。現在、IMVは2015年のフルモデルチェンジを準備中です。この開発過程は更なる金型の共通化(型コストの削減)と表裏一体で進んでいます。

 今回の講演ではトヨタIMVに着目して「型の共通化」を含め関連サプライヤーにどのような影響を与えるかという点を踏まえて講演していただきます。

(1)新興国車というセグメント~LCVへ向かう時代とIMV~

(2)プラットフォーム共通化とモジュール化~世界11か国での生産態勢~

(3)混流と平準化,SPSの導入と熟練の解体~プラットフォーム共通化の限界を超える~

(4)次世代IMVとメガプラットフォーム

 ・日 時:2013年7月22日(月曜日)午後6時~9時

 ・場 所:大阪市立大学文化交流センター・大セミナー室

        大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)

      アクセス:JR東西線「北新地駅」下車、徒歩約3分

 ★申込はこちらへ ・http://www.npo-admf.org/

   メール   info@npo-admf.org

     氏名, 社名/所属, 電話/FAX e-mail, 懇親会(参加/不参加)

 ★定 員 40名

 ★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

〔過去のIDOメールマガジン:http://d.hatena.ne.jp/kappaketsu/archive/ 〕

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ■★IDOメールマガジン本号目次★■ 

   プラスチック成形加工学会

    第137回講演会 

     「樹脂系材料による自動車軽量化の最新動向」

                          

       

          ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)商工中金

   『中小企業月次景況観測(中小企業の動向)』

■2)素形材センター

  「素形材」誌2014年1月号特集の掲載原稿募集中-掲載は無料

■3)新着雑誌

   ・日刊工業新聞社「型技術」8月号

    <特集>金型づくりの高精度化に向けた3次元計測・機上計測の活用術  

・金属プレス工業協会「NewsLetter」7月号

=============================

プラスチック成形加工学会

      第137回講演会 

         「樹脂系材料による自動車軽量化の最新動向」

 環境問題への関心が高まっている現在,自動車分野では国際的にも燃費軽減やクリーンエネルギー自動車の普及が目標の一つに定められています.

「軽量化」は燃費軽減を達成するための手段の一つであり,自動車の基本的な性能向上を図る上でも極めて重要な技術です.現行の安全基準を維持しつつ構造部材へ樹脂系材料を適用するなど,軽量化に向けた設計・生産技術での転換や材料技術面での工夫が求められています.

 本講演では,従来金属材料が主流であったドア,ボディー,シャシーパネルなど構造部材を樹脂化する際のポイントについて,第一線で活躍されている講師の方々から最新の樹脂化動向,設計の考え方,開発事例などを解説していただきます.

・日 時 2013年9月20日(金)10:00~17:00

・場 所:工学院大学 新宿キャンパス 3階アーバンテックホール

       http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/index.html

・プログラム

 (1)自動車における軽量化技術の現状と展望 トヨタ自動車(株)影山 祐史

 (2)自動車用プラスチック材料の開発状況と今後の展開

                        三菱化学(株) 藤田 祐二

 (3)炭素繊維複合材料の自動車構造部材への適用技術とその最新動向

                         金沢工業大学 鵜沢 潔

 (4)自動車樹脂グレージングの開発とその課題

           三菱エンジニアリングプラスチックス(株) 今泉 洋行

 (5)自動車部品の軽量化に向けた多機能複合成形システム                  

                      宇部興産機械(株) 岡本 昭男

 (6)自動車における植物由来および天然繊維強化樹脂の現

  および成形加工における課題         名古屋大学NCC 長岡 猛

・定 員:150名(先着順,定員に達し次第締切)

・参加費(税込み)

*正会員・賛助会員 15,000円

*学生会員 1,000円

*協賛学協会員 25,000円

*非会員 30,000円

*学生非会員 3,000円

・申込み・問合せ先 一般社団法人プラスチック成形加工学会

    http://www.jspp.or.jp/images/kikaku_enrol.pdf

    事務局 TEL: 03-5436-3822, FAX: 03-3779-9698

       

========★☆・・情報ファイル・・☆★=============

■1)商工中金

   『中小企業月次景況観測(中小企業の動向)』

 『中小企業月次景況観測』における2013年6月の景況判断指数は49.6となり、前月(48.2)から上昇。景況判断指数は3ヵ月ぶりに上昇した。非製造業の景況判断指数は50.4となり、2ヵ月ぶりに50を上回った。円安・株高により企業・消費者マインドが改善していること、不動産販売が好調であること等がプラス要因。7月(予測)は50.7と、50を超える見込みであり、先行きの期待は高い。

 2013年5月の売上高(前年同月比増減率、建設・不動産を除く900社)は▲1.9%。昨年の同時期がエコカー補助金の復活等により売上高の水準が高かったことの反動のため、前年比ではマイナスとなっている。

<詳細> http://www.shokochukin.co.jp/report/doko/pdf/cb13other0711.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)素形材センター

 -月刊誌「素形材」2014年1月号特集の掲載原稿募集中-掲載は無料

(1)募集対象

 自社で開発(他社、他機関との共同も含む)されたあるいは実用化された素形材技術または製品について、開発の目的、内容及び成果を紹介して下さい。型・模型、素材、成形・加工機械、工業炉、試験測定機器、ソフト、産業廃棄物処理・リサイクル関連機器なども含みます。

(2)テーマ応募締切と原稿締切

 ・テーマ応募締切 : 2013年 10月 1日(火)(応募用紙提出)

 ・原 稿 締 切 : 2013年10月31日(木)(原稿提出期限)

 ・詳細 http://www.sokeizai.or.jp/japanese/publish/kokuchi2014.html

(参考)2013年1月号の掲載内容

http://sokeizai.or.jp/japanese/publish/200706/201301contents.pdf

(3)申込み・企画内容に関する問合わ先

  一般財団法人 素形材センター 業務部 (田邊、高橋、鈴木)

   TEL:03-3434-3907  FAX:03-3434-3698

    E-Mail:gyoumu@sokeizai.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3) 新着雑誌

   ・日刊工業新聞社「型技術」8月号

    <特集>金型づくりの高精度化に向けた3次元計測・機上計測の活用術

     http://www.ido21.com/mm/dmt.13.08.pdf

・金属プレス工業協会「NewsLetter」7月号

     http://www.ido21.com/mm/jmsa.13.07.pdf

      ++++++++++++++++++

=●PR———————————==プラスチック工業技術研究会

☆7月18日 押出成形の高付加価値化技術(異形・複合押出成形の応用技術を中心)

☆7月19日 高機能フィルム・シートを中心とした押出成形の基礎と最新技術動向 

☆7月26日 月例会「モノづくり産業の変革期を乗りきる指針」

  講師:橋本久義先生(政策研究大学院大学)/樫山剛士社長(樫山金型工業)

      ⇒ http://www.plakougiken.com

プラスチック工業技術研究会==———————————PR●=

PR■□日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

   大学発・企業向け金型設計スクール

       <平成25年度 高度金型人材育成講座の受講生募集!!> 

                   ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR