型技術協会 「多軸・複合・高能率加工技術の最新動向と現状」

PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/

  2013年12月10日(火) 13:00 ~ 17:30

     第14回型技術基礎講習会

     「もう一度基礎から学ぶ金型加工」 

   http://www.jsdmt.jp/14kiso/pdf/kiso14.pdf            

          一般社団法人 型技術協会・PR+++◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム     

■2013年11月例会 「第95回・金型産業未来塾」■

 メキシコにおける金型を中心としたモノづくりの現状と展望

   ~日系金型製造企業の進出とその課題とは~

                   稲田技術士事務所 稲田 明弘

 メキシコは、世界最大の米国市場に隣接し、中南米市場に対しても太平洋と大西洋への最短輸送ルートを持つ地理的な特徴から、自動車産業を中心に急速な成長を続けています。

 本講演では、素形材加工関連のコンサルタントとして国内外で活躍されている稲田技術士事務所の稲田所長から、メキシコの自動車産業を中心に金型を利用する典型的な製造業の最新情報を以下の構成(案)で紹介して頂きます。

(1)メキシコの一般情報

(2)メキシコの自動車/自動車部品産業の現状

(3)メキシコの金型関連情報

(4)金型製造企業の進出とその課題

★日 時 平成25年11月26日(火)18時~20時

★会 場 日本工業大学神田キャンパス 

http://mot.nit.ac.jp/images/submenu/accessTable01.gif

★申込はこちらへ ・ http://www.npo-admf.org/

         ・メール info@npo-admf.org

    (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

〔過去のIDOメールマガジン:http://d.hatena.ne.jp/kappaketsu/archive/ 〕

PR■□日本工業大学・金型教育事業部■□==========◆

 大学発・企業向け金型設計スクール

   <平成25年度 高度金型人材育成講座の受講生募集!!> 

         ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆==========■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

=●PR———————-==プラスチック工業技術研究会

☆11月13日 K2013視察特別報告会

「最新プラスチック材料/成形・金型技術/自動車軽量化の開発動向・応用展開」

☆11月28日 入門/新・プラスチック成形技術 技術講座

       ⇒ http://www.plakougiken.com

プラスチック工業技術研究会==———————-PR●=

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

   ■★IDOメールマガジン本号目次★■ 

    型技術協会

第112回型技術セミナー

    「多軸・複合・高能率加工技術の最新動向と現状」

          -最新機械工場見学付き-

                      

       

      ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)中小企業庁

   「ものづくり小規模事業者等人材育成事業」に係る第3回技術継承支援者の募集

■2) NPO法人アジア起業家村推進機構

    海外派遣地域人材養成講座開講

 

■3)名城大学/ESD21

    「ASEANビジネス・イノベーションセミナー」

■4)新着雑誌

   ・産業技術総合研究所「産総研TODAY」11月号

=============================

型技術協会

  第112回型技術セミナー

      多軸・複合・高能率加工技術の最新動向と現状

          -最新機械工場見学付き-

 金型の加工には、高能率、高精度加工が要求されており、そこでは絶え間ない技術開発が行われている。近年、複雑な金型部品を一体で加工可能な多軸加工や複合加工が注目されている。こうした技術を活用し、金型を用いない成形品の直彫り技術も利用されつつある。金型の設計にも影響を与えることから、今後の開発動向を注視する必要がある。

 こうした現状を踏まえ、本セミナーでは、金型加工において実践的な技術開発を展開されているメーカにスポットを当て、第一線の大学研究者および技術者から話題提供をしていただくよう第112回型技術セミナーを企画しました。

 講師の社本英二教授は、超音波振動切削技術、ビビり抑制技術の開発に長年携われており、金型の高精度加工の実現に貢献されています。また、工場見学の機会を提供していただいたオークマ(株)では、マシニングセンター、複合加工機、CNC装置を自社開発し、独自の高精度加工技術を展開しています。ファイブチューニング、加工ナビ、サーモフレンドリーコンセプト、アンチクラッシュシステム等が代表的なものです。今回はオークマ(株)新工場の完成に合わせ、セミナーを

開催させていただきました。

・日 時 2013年12月13日(金)13:10~16:50

・場 所オークマ(株) 本社工場

        〒480-0193 愛知県丹羽郡大口町下小口5-25-1

・集  合 13時 オークマ(株)本社工場

・プログラム 司 会  九州工業大学   鈴木 裕

 (1)「超音波楕円振動切削技術およびびびり振動抑制技術」

             名古屋大学大学院  社本 英二

 (2)「最新の金型加工機と、5軸・複合機の加工事例」 

               オークマ(株)  則久 孝志

 (3)会社紹介

 (4)新工場見学

 (5)質疑応答

・解散予定:現地解散 16:50頃

・参 加 費:いずれもテキスト1冊を含む会 員 15,000円(会員の対象は主催・協賛団体会員です)型技術協会学生会員   1,000円 一 般 25,000円

・募集人数 50名

・申込締切 12月2日(月)

・申込方法 ホームページよりオンライン申込(http://www.jsdmt.jp/)

・問合せ先  一般社団法人型技術協会  

       TEL 045-224-6081 FAX 045-224-6082

       E-mail info@jsdmt.jp

   

========★☆・・情報ファイル・・☆★=============

■1)中小企業庁

   「ものづくり小規模事業者等人材育成事業」に係る

                   第3回技術継承支援者の募集

 中小企業庁では、ものづくり小規模事業者等の競争力の源でありながら、熟練の技能者の引退とともに失われつつある技術・技能を円滑に継承させることを目的に、これから製造現場の中核として働く人材(以下「中核人材」という。)が、高い技術・技能を有する熟練者(以下「技術継承支援者」という。)から、講習などにより必要な能力を習得することを支援します。

・募集期間 10月28日(月)~11月18日(月)17時必着

・詳細 

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/131028JinzaiKoubo.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)NPO法人アジア起業家村推進機構

    海外派遣地域人材養成講座開講

・開催日 平成25年12月3日(火)開講、

     12月4日(水)から毎週水曜日に開催

・参加費 無料(当NPOの会員登録が必要)

・申込方法 http://www.asia.or.jp/entry.1203,htm

・カリキュラム http://www.asia.or.jp/PDF/131203C.pdf

・申込締切日/平成25年11月25日(月)

・申込先/問合わせ先

 NPO 法人アジア起業家村推進機構・事務局(交流サロン内)

 E-mail:info@asia.or.jp TEL:044-542-5811

 URL:http://www.asia.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)名城大学/ESD21

    「ASEANビジネス・イノベーションセミナー」

・日 時 2013年11月20日(水) 13:10~17:00 <受付開始:12:00>

・会 場 名城大学天白キャンパス 「名城ホール」(鶴舞線「塩釜口」下車) 

・プログラム

 (1)第一部: <13:10~15:20> パネル

   「知的財産権のアセアンでの実態と強化」(通訳あり) 

   パネラー  Mr. Fabrice Mattei 

       Mr. Moe Mynn Thu ミャンマー弁護士、元ミャンマービール

       守田 賢一(弁理士) 爽亜国際特許事務所 

 (2) 第二部

  「浮上するアジア最大の秘境(宝の山) “ミャンマー”の光と影」

                         ESD21顧問(理事) 鈴木明夫

 (3)第三部: 懇親会 定員60名 会費: 4千円/人(領収書発行)

・参加費 第一部と第二部は無料

・定 員 200名

・申込み先 下記WEBから直接お申込み下さい。 

・問合せ 内容によりAかBで、メールでお問合せ下さい。

       (アドレスは、*を@に変更下さい。)

A. 名城大学関係者からのご案内先の方

 佐土井 有里: sadoi*meijo-u.ac.jp ( *を@に変更下さい)

B. ESD21関係者からのご案内先の方:   

 鈴木明夫: suzuki.akio*blue.plala.or.jp (同上)

C. 電話での問合せ  052-212-0853 ( ESD21受付代行)  

・申込み締切り: 11月12日(火)

・詳細  https://www.esd21.jp/news/2013/11/asean.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)新着雑誌

   ・産業技術総合研究所「産総研TODAY」11月号

    http://www.ido21.com/mm/TODAY.13.11.pdf