人材分科会 5月例会  「現場事例から考える台湾活用型ビジネス展開の有効性」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム 
 
 
     2015年ASEAN統合と自動車産業の展望       
 
                                        ~タイ・インドネシアを中心に~
 
                     
                                                                            講 師 東京理科大学 教授 松島 茂
 
 「チャイナ+ワン」から「タイ+ワン」ともいわれるASEAN の自動車産業は、  待ち受けるASEAN統合(タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ブルネイの10か国)により、2015年には、人口は6億4000万人(2015年予測)という巨大な人口を持った地域ができることから、アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、中国等の世界の自動車メーカーの熾烈な市場獲得競争が始まると言われています。今回、東京理科大学の松島先生には、アジア全域の産業の中で一番ホットな“自動車産業”について、東洋のデトロイト化したタイを中心にわが国の中小素形材企業群がその現況と将来の展望をどのように考えるべきかついて、最近のタイ・インドネシアを調査された事例を基にお話を伺うことになりました。
 講演後は先生と参加された皆さんによる討論を含めて最新のASEAN自動車産業の最新状況を学びたいと考えます。
★日 時 平成26年5月28日(水)18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス 
     http://mot.nit.ac.jp/access.html    
★申込はこちらへ 
・ http://www.npo-admf.org/          
・メール info@npo-admf.org        
   (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   NPOアジア金型産業フォーラム/(一社)日本金型工業会西部支部・共催 

  「中堅・中小企業(金型・部品製造事業)の海外進出のあり方と今後の展望」
                             
                                                                 講 師 矢崎総業(株)川上 陽 

 日本における市場の縮小への対策の一環として、日本の中堅・中小の製造業の海外進出が盛んである。海外で遭遇する問題点などを考慮した場合、最適進出形態とそれに伴うリスク、日本の組織の在り方、国際的に通用する人材とは何かといったことが主な論点となる。産業の牽引役である自動車産業におけるメガサプライヤーへ供給する金型・部品製造業者を対象としてこの論点につて考えていく。
・日 時 平成26年5月22日(木)午後2時30分~5時00分
・場 所 大阪科学技術センター8階 小ホール 
            大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル
・プログラム(午後2時~5時) 
 第1部 午後2時30分~3時  平成26年度事業計画説明
 第2部 午後3時~5時
    「中堅・中小企業(金型・部品製造事業)の海外進出のあり方と今後の展望」
・ 講 師    矢崎総業(株)コンポーネントビジネスユニット主査(参与) 川上 陽
・参加費 無料
・参加申込み方法 参加申込書を5月15日までにFAXでお送り下さい
    FAX 06-6479-1479 (一社)日本金型工業会西部支部 宛て
・問合せ先・申込先  一般社団法人日本金型工業会西部支部 吉田 
        電話 06-6479-1477
        大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センター305号室 
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     ■金型産業情報■<2014.04.30No.31>

      ⇒ ⇒ ⇒クリック ⇒ http://www.ido21.com    

                   ■★金型産業情報 本号目次★■ 

     人材分科会 5月例会
      「現場事例から考える台湾活用型ビジネス展開の有効性」

              講 師  クララオンライン(株) 山田ゆかり
                             
                    
     ★☆・・情報ファイル・・☆★⇒ http://www.ido21.com

■1)森精機
   キトラ古墳壁画「朱雀」を3Dに再現

■2)早稲田大学商学学術院総合研究所WBS研究センター
   「WJCF国際シンポジウム」の案内

■3)東京都立産業技術研究センター
    製品輸出技術支援センター(MTEP)セミナ案内
   よくわかる特許
    「技術者のための知財セミナー「特許明細書の書き方」

■4)新着雑誌 

   ・日本工業出版「機械と工具」5月号
   <特集>Ⅰ 工作機械の設計と製造技術
         Ⅱ 新しい切削加工を実現する工作機械技術
 
   
=====================================

人材分科会 5月例会

 「現場事例から考える台湾活用型ビジネス展開の有効性」

           講 師  クララオンライン(株) 山田ゆかり

 5月15日(木)の人材分科会は、クララオンライン 山田ゆかり先生に講師をお願いしました。 山田先生は大学卒業後北京大学大学院で修士号を取得、2011年7月からクララオンラインで中国事業の立ち上げに携わられました。 現在中国、台湾を中心にアジア向けの業務に従事されておられます。
http://www.clara.jp/consulting/consultant.htm
 今回は中国の様々な文化とその背景、台湾の街角から見た台湾人と中国人の違い、仕事の進め方から見たビジネスパーソンの「仕事観」の差、出張時に見る台湾人の親日性、中国ビジネスにおける台湾の魅力と活用法について、お話を伺います。中国で学生生活を経験し、台湾にも造詣の深い山田先生から、有益な話が伺えるものと思います。関係者お誘い合わせの上、ふるってご参加くださるようお願い申し上げます。
 なお、当分科会はいつでも「朝までテレビ方式」のディスカッションを基本にしており、活発な意見の交流を第一の目標に据えております。 関係者お誘い合わせの上、多数御参加下さるようお願申し上げます。

なお、6月は3日(火)日本のエネルギー問題。講師はエネルギー経済研究所理事長 豊田正和先生です。
・日 時 2014年5月15日(木)18:00~21:00
・講 師 クララオンライン(株) 山田ゆかり先生
・演 題   現場事例から考える台湾活用型ビジネス展開の有効性
・場 所 政策研究大学院大 1階 1A 研究会室
・問合せ/連絡先 橋本 携帯電話 090ー1036ー9416
      橋本久義  政策研
 
 ****************************  
 
 ★☆・・情報ファイル・・☆★⇒ http://www.ido21.com
 
■1)森精機
 キトラ古墳壁画「朱雀」を3Dに再現 DMG森精機(株)は、キトラ古墳壁画に描かれている四神「朱雀」を、同社製の工作機械で削り出し、3Dに再現いたしました。削り出した「朱雀」は、4月22日(火)から東京国立博物館で開催されている特別展「キトラ古墳壁画」と同時開催の「飛鳥-キトラ2016-」にて展示。
 (http://youtu.be/z-X9zxZOpcI
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
■2)早稲田大学商学学術院総合研究所WBS研究センター
   「WJCF国際シンポジウム」の案内・テーマ:中国市場における「省(商)圏」の実像と日本企業の商機
・基調講演:CCID李総裁(証券コード:HK08235)
    パネリスト:CCID・毎日新聞社・資生堂・ピジョンなど6社
・日 時:2014年5月27日(火)14:00~17:50
・会 場:早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)
・使用言語:日本語・中国語(同時通訳)
・参加費:無料
・詳細 http://www.wjcf.net/content/announce_show/366
・プログラム(PDF) http://www.wjcf.net/pdf/140527.pdf~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)東京都立産業技術研究センター
    製品輸出技術支援センター(MTEP)セミナ案内 「よくわかる特許」
・「技術者のための知財セミナー「特許明細書の書き方」」
・日 時 平成26年5月21日 (水)15:00~17:10
・会場 都立産業技術研究センタ本部(ゆりかもめ線テレコムセンタ駅)
・受講料 無料
・講師 MTEP専門相談員 生島 博氏、
・定員  50名
・詳細/申し込方法 下記のURL申込みください
   http://www.iri-tokyo.jp/seminar/h26/0521mtepikushima.html 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)新着雑誌 
 ・日本工業出版「機械と工具」5月号
  <特集>Ⅰ 工作機械の設計と製造技術
        Ⅱ 新しい切削加工を実現する工作機械技術
        http://www.ido21.com/mm/MT.14.05.pdf

===========================================
〔過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com〕「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
 ◆PR+++・一般社団法人

     型技術協会 http://www.jsdmt.jp/ 
    2014年6月17日(火)・18日(水)
            「型技術者会議2014」講演論文の募集

                                      一般社団法人 型技術協会・PR+++◆

=●PR=プラスチック工業技術研究会
 ☆5月16日(金) 「プラスチック製品強度研究部会」
 ☆5月23日(金) 「アーブルグの最新技術からみた欧州プラスチック成形技術/成形事例」
 ☆5月30日(金)  自動車用プラスチックに求める技術 
  ⇒  http://www.plakougiken.com
プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆   

        ~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
            平成26年6月15日より順次開講   
            ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版  代表取締役  井戸   潔
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362   FAX:043-489-8377
e-mail:web@ido21.com
URL  http://www.ido21.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー