一般社団法人 型技術協会  「型技術者会議2014」開催

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム   
                    2015年ASEAN統合と自動車産業の展望       
                              ~タイ・インドネシアを中心に~
                    
                                                 講 師 東京理科大学 教授 松島 茂

 「チャイナ+ワン」から「タイ+ワン」ともいわれるASEANの自動車産業は、待ち受けるASEAN統合(タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ブルネイの10か国)により、2015年には、人口は6億4000万人(2015年予測)という巨大な人口を持った地域ができることから、アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、中国等の世界の自動車メーカーの熾烈な市場獲得競争が始まると言われています。今回、東京理科大学の松島先生には、アジア全域の産業の中で一番ホットな“自動車産業”について、東洋のデトロイト化したタイを中心にわが国の中小素形材企業群がその現況と将来の展望をどのように考えるべきかついて、最近のタイ・インドネシアを調査された事例を基にお話を伺うことになりました。
 講演後は先生と参加された皆さんによる討論を含めて最新のASEAN自動車産業の最新状況を学びたいと考えます。
★日 時 平成26年5月28日(水)18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス 
     http://mot.nit.ac.jp/access.html    
★申込はこちらへ 
・ http://www.npo-admf.org/          
・メール info@npo-admf.org        
   (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   NPOアジア金型産業フォーラム/(一社)日本金型工業会西部支部・共催 
  「中堅・中小企業(金型・部品製造事業)の海外進出のあり方と今後の展望」                          
                                                                      
                                              講 師 矢崎総業(株)川上 陽 
 日本における市場の縮小への対策の一環として、日本の中堅・中小の製造業の海外進出が盛んである。海外で遭遇する問題点などを考慮した場合、最適進出形態とそれに伴うリスク、日本の組織の在り方、国際的に通用する人材とは何かといったことが主な論点となる。産業の牽引役である自動車産業におけるメガサプライヤーへ供給する金型・部品製造業者を対象としてこの論点につて考えていく。
・日 時 平成26年5月22日(木)午後2時30分~5時00分
・場 所 大阪科学技術センター8階 小ホール 
            大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル
・プログラム(午後2時~5時) 
 第1部 午後2時30分~3時  平成26年度事業計画説明
 第2部 午後3時~5時
    「中堅・中小企業(金型・部品製造事業)の海外進出のあり方と今後の展望」
・ 講 師    矢崎総業(株)コンポーネントビジネスユニット主査(参与) 川上 陽
・参加費 無料
・参加申込み方法 参加申込書を5月15日までにFAXでお送り下さい
    FAX 06-6479-1479 (一社)日本金型工業会西部支部 宛て
・問合せ先・申込先  一般社団法人日本金型工業会西部支部 吉田 
        電話 06-6479-1477
        大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センター305号室 
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     ■金型産業情報■<2014.05.9No.33>   

                   ■★金型産業情報 本号目次★■ 
     

              一般社団法人 型技術協会

                   「型技術者会議2014」開催
                                                
     ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
   増税後の生産に早くも持ち直しの兆候
     ~4-6月期の減産は小幅、トヨタが夏から増産へ

■2)経済産業研究所
    METI-RIETIシンポジウム  2014年4月21日(月)開催
    3Dプリンタから生まれる新たなものづくり<配付資料>

■3)インターモールド振興会
  中国・上海金型産業視察
   Die & Mould China 中国・上海/杭州 5日間
    2014年6月3日(火)~7日(土) 
 
   
=====================================
   
一般社団法人 型技術協会

  「型技術者会議2014」開催

   型技術協会では、今年はメインテーマを「語り合おう!技術で拓く金型の未来!!」とし、参加者の出会い、交流、連絡提携の場を提供するという、これまでの型技術者会議のミッションを継続しつつ、型およびその関連分野に関する技術の進歩を図るという協会本来の目的にも立ち返り、最先端技術に関する企画を充実させることとしました。注目の“3Dプリンタ”は、金型を変えるのか? 製品の性能を圧倒的に向上させるような新素材とは? 医療分野への展開に、活路は見いだせるのか? その他の技術の最新動向は? 「型技術」について、大いに語り合う場になればと考えております。
 特別講演は、東京大学 生産技術研究所 教授 山中俊治先生に、「人とモノの関わりにおける“精度”について ~デザインエンジニアリングの視点から~」という題目で、エンジニアでもあるデザイナーという立場から、ユーザの目線でユーザビリティを考慮したデザインについて講演していただきます。さらに、「『下町ボブスレーネットワークプロジェクト』のこれまでと今後に向けて」と題して、下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会 副委員長 舟久保利和様に登壇いただき、東京都大田区の町工場がメイド・イン・ジャパンのそりを作り上げ、冬季オリンピックでのメダル獲得を目指すという取り組みについて語っていただきます。
 特別セッションでは、「ものづくり企業の技術と医療機器産業への展開」、「がんばる日本の新素材」、「3Dプリンタと製造業(金型)の関係、そしてこれから」の3テーマで話題提供を頂きます。
 特別企画は、「自動車メーカー各社のBODY金型関係トップエンジニアが語る、最新金型技術事情(自動車各社トップエンジニアは「金型の未来」をどう見ているのか!!!)」と題して、パネルディスカッション形式で議論していきます。
 ものづくり」は「型づくり」、「型づくり」は「人づくり」。会員の皆様、金型に関する仕事に従事する方のみならず、あらゆるものづくりに関係する皆様にとって、有意義な場となることを切に願っております。

・開催の詳細  http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/28_annai.html 
  ・詳細プログラム  http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/pdf/28program.pdf 
・期 日:6月17日(火)・18日(水)
・会 場:大田区産業プラザPiO 東京都大田区南蒲田1-20-20
     (JR京浜東北線 蒲田駅より徒歩12分,京浜急行 京急蒲田駅より徒歩2分)
・事前申込締切:6月3日(火)
・参 加費
  (1)会議参加費 
    事前 会員 10,000円 一般 20,000円 (いずれも論文集込)
         学生 無料(論文集希望者 2,000円)
     当日 会員 12,000円 一般 22,000円(いずれも論文集込)    
  (2)懇親パーティー参加費  6,000円(35歳以下 3,000円)           
  (3)6/17・18昼食弁当 各日800円 *申込は6月3日まで。当日販売はございません。

・申 込 方 法:オンライン申込 http://www.jsdmt.jp/
・問 合 先) 一般社団法人 型 技 術 協 会 TEL 045-224-6081 
           E-mail:info@jsdmt.jp

 ****************************
 
        ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
   増税後の生産に早くも持ち直しの兆候
     ~4-6月期の減産は小幅、トヨタが夏から増産へ

詳細 http://www.sc.mufg.jp/report/business_cycle/bc_report/pdf/bcr20140502.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)経済産業研究所

 METI-RIETIシンポジウム  2014年4月21日(月)開催
 3Dプリンタから生まれる新たなものづくり
<配付資料>
      
・東京大学大学院経済学研究科教授 新宅 純二郎
   http://www.rieti.go.jp/jp/events/14042101/pdf/k-1_shintaku.pdf
・株式会社コイワイ代表取締役社長 小岩井 豊己
  http://www.rieti.go.jp/jp/events/14042101/pdf/p-1_koiwai.pdf
・株式会社Cerevo代表取締役CEO 岩佐 琢磨
  http://www.rieti.go.jp/jp/events/14042101/pdf/p-2_iwasa.pdf
・東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学教授  元橋 一之
  http://www.rieti.go.jp/jp/events/14042101/pdf/p-3_motohashi.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)インターモールド振興会

  中国・上海金型産業視察
   Die & Mould China 中国・上海/杭州 5日間
    2014年6月3日(火)~7日(土) 
【上海】
 ・第十五回中国国際模具技術と設備展覧会 Die & Mold China視察
 ・株式会社アルファテック上海
 ・上海シャープ模具工業控制系統有限公司
 ・上海模具技術研究所有限公司
 ・上海HAN模具成型有限公司
 ・廷鋒偉世通自動車模具有限公司
 上記五社のうち、3~4社(予定)
【杭州】
 ・中国自動車メーカー/東風裕隆自動車有限公司訪問、視察。(予定)
・問合先
インターモールド振興会
  TEL 06-6944-9911 FAX 06-6944-9912
  メール:imjimukyoku@tvoe.co.jp

========================================
〔過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com〕「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

 ◆PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/ 
     2014年6月17日(火)・18日(水)
       「型技術者会議2014」
    ・開催案内  http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/28_annai.html 
    ・議詳細プログラム http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/pdf/28program.pdf 
                                              一般社団法人 型技術協会・PR+++◆

=●PR=プラスチック工業技術研究会
 ☆5月16日(金) 「プラスチック製品強度研究部会」
 ☆5月23日(金) 「アーブルグの最新技術からみた欧州プラスチック成形技術/成形事例」
 ☆5月30日(金)  自動車用プラスチックに求める技術 
  ⇒  http://www.plakougiken.com
プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆   

        ~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
            平成26年6月15日より順次開講   
            ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR