みずほ銀行  「2014年度の日本産業動向」

◆PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/          
 
                      2014年11月18日(火)~21日(金)
                  「アジア型技術セミナー2014inThailand」 
           http://www.jsdmt.jp/07kokusai/kokusai14.html
             
                                     一般社団法人型技術協会・PR+++◆

■(一般)日本化学品輸出入協会

     特別セミナー「水素社会の到来と化学産業」
    「燃料電池自動車普及への取り組みの現状」トヨタ自動車(株) 
        http://www.jcta.or.jp/
                      (一般)日本化学品輸出入協会■

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

    わが国金型産業の新しい方向を探る「新金型ビジョン」を提案

       ~世界最高の技術力+経営情報力+グローバルアクション~

                      講 師 日本工業大学 教授 横田悦二郎

 これまで長く続いた円高傾向により、電気/電子・自動車の2大産業は海外拠点を設
けて生産を開始拡大してきた。ところが直近の“円安”による輸出に有利な環境にか
かわらず、2大産業は海外生産の増産から輸出が伸びていないという現象が続いてい
る。つまりトヨタ、ニッサン、ホンダ等の日本車の売れ行きがよくても日本からの輸出が
増えないという。わが国の金型産業も今や電気産業の衰退による影響から自動車産
業へのシフトを積極的に動き始めている。
 今回の「新金型産業ビジョン」もわが国のユーザーのパラダイムシフトを読みながら、
かつて金型技術力が世界最高という評価を維持するだけでは、生き残れない経営環
境の中で中小製造業の“受け身”態勢を脱却し“攻めの経営力”とは何かというテーマ
の下、若手経営者の知恵と実践力でビジョン作成に取りかかった。
 このビジョンは、
①中小零細金型企業が対応できる
②国内でも金型づくりが継続できる
事を基本にした六つのキーワード<営業力・海外展開・新分野への展開>から<人材育
成・技術研究開発・連携/提携>という従来の消極的な発想から転換して「攻める金型企
業」への提言をまとめた。
 今回、同工業会の学術顧問である日本工業大学教授の横田先生によりビジョン作成
の背景、若手経営者との議論、それによる新しいパラダイムシフトへの提言を解説してい
ただき、参加された皆さんと討論します。なお、参加の皆さんには「新金型産業ビジョン~
2014年・日本の金型産業の方向性を探る~」の全文資料を無料で贈呈いたします。

★日 時 平成26年8月29日(金)18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
     http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
・ http://www.npo-admf.org/
・メール info@npo-admf.org
   (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

           ■金型産業情報■<2014.08.25 No57>   
                      
                                   
                       ■★金型産業情報 本号目次★■

                  みずほ銀行

             「2014年度の日本産業動向」

                
        ★☆・・情報ファイル・・☆★

                    
■1) )(株) 牧野フライス製作所
     金型加工技術セミナー、最新加工技術セミナー

■2)岐阜精器工業(株)
    メタルインジェクションモールド品の中国生産調達の提供開始

■3)本材料学会
    2014年度JCOM若手シンポジウム

=================================

             みずほ銀行

             [2014年度の日本産業動向]

【要約】
(1) 2013 年度の産業景気は内需に牽引され製造業、非製造業ともに改善した。2014
 年度は製造業を中心に増税の影響が避けられないが、個人消費、設備投資意欲
 の高まり、世界経済回復を受けた緩やかな輸出拡大が下支えし、下期にかけて改
 善する見通し。
(2) 2014 年度の企業業績は内外需とも下期にかけて回復する見込みであり、駆込み
 需要の反動減から伸び幅は縮小するも、前年度に引き続き増収増益を見込む。
(3) 先進国経済が回復する中、リーディングカンパニーが主導する大型M&A
 が増加 している。日本企業においてもガバナンス体制、事業戦略を強化し、M&A を活用
 したグローバル市場での競争力向上が求められよう。

  ■特集 2014 年度の日本産業動向 目 次

産業総合 ………… 1        通信 ………………163
石油 ……………… 24              ネットサービス ……172
鉄鋼 ……………… 32              広告・放送 ……・…179
セメント …………… 39             海運 ………………189
非鉄金属 ………… 46             航空 ………………196
紙・パルプ ………   53            物流 …………・……202
石油化学 ………… 60            電力 …………・……210
機能性化学 ……… 68            都市ガス ……・……219
塗料 ……………… 75             小売 …………・・…226
産業ガス ………… 83             加工食品 ……・・・…242
医薬品 …………… 89             外食 ……………・…251
医療機器 ………… 96            建設 ……………・…259
自動車 ……………103           不動産・住宅 ………266
造船 ………………112            ホテル・レジャー ……281
航空機 ……………120            リース ………………290
一般機械 …………129           医療・介護 ………・…297
エレクトロニクス …139            パーソナルケア …・…307
情報サービス ……156           教育 ……………・・・・315

<全文>

    
=======================================                                                             
                                                          
   ★☆・・情報ファイル・・☆★
       
       
■1)(株) 牧野フライス製作所

   金型加工技術セミナー、最新加工技術セミナー

 ○セミナーのお知らせ
  金型加工技術セミナー 【東京】
  ・超硬加工、一般金型鋼材に対する鏡面加工、ICモールド等の封止型
   http://www.makino.co.jp/jp/event/140905.html
  ・問合せ・お申込み先>   弊社 東京営業
  TEL : 03-3724-7711 / FAX : 03-3723-4621

○セミナーのお知らせ
  最新加工技術セミナー 【山形、仙台】
  ・切削、放電、ワイヤの各分野の最新加工技術
  http://www.makino.co.jp/jp/event/140910.html
  ・問い合わせ・お申し込み先> 弊社 仙台営業所
  TEL:022-371-2860  FAX:022-371-2880

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)岐阜精器工業(株)

  メタルインジェクションモールド品の中国生産調達の提供開始

 岐阜精器工業(株)は、MIM メタルインジェクションモールド品の中国生産調達を、
2014年8月21日(木)より提供開始する。
 近年、情報機器、電子機器、医療機器をはじめとする製品の小型化・高性能化に
よって、部品の高精度化・複雑形状化の流れがますます進んでおり。、複雑な形状の
加工を実現できるメタルインジェクションモールドの中国調達を支援する。
<3つの特長>
(1)日系企業ならではの品質管理
  金属加工業30年以上の実績を活かし金型設計から量産まで責任を持って対応。
(2)金型立ち上げから量産まで日本語での打合せ可能。
  海外からの調達で一番ネックとなる言語ですが、弊社スタッフがフォロー。現地で
 の金型製作前の打ち合わせまで同行して対応が可能。
(3)日本品質を保ちながらの低コストパフォーマンス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)日本材料学会
  2014年度JCOM若手シンポジウム参加募集       

・日 時:平成26年9月1日(月)13:00~17:00、9月2日(火)9:00~
・場 所:高知工科大学 香美キャンパス 
・定 員:30名
・参加費:会員4.000円、一般6,000円

<詳細> http://compo.jsms.jp/conference/2014wakate/2014wakate_kaikoku.pdf

=====================================

過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com

  「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
  
=●PR=プラスチック工業技術研究会

   ☆8月28日(木)  最新加飾技術の実際/成形事例 技術講演会
  ⇒  http://www.plakougiken.com
プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆   

        ~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
          平成26年6月15日より順次開講 ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com
      『ものづくり小規模事業者等人材育成事業(助成金)』
            http://www.mstc.or.jp/jinzai

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR