日本塑性加工学会 「高強度・軽量化・複雑一体成形に貢献する最新の塑性加工技術」

◆PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/ 

          2014年11月18日(火)~21日(金)
                  「アジア型技術セミナー2014inThailand」 
           http://www.jsdmt.jp/07kokusai/kokusai14.html
             
                                     一般社団法人型技術協会・PR+++◆

■(一般)日本化学品輸出入協会
        2014年9月8日(月)
     特別セミナー「水素社会の到来と化学産業」
    「燃料電池自動車普及への取り組みの現状」トヨタ自動車(株) 
        http://www.jcta.or.jp/
                      (一般)日本化学品輸出入協会■

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

           欧米系・日系自動車産業進出ブームのメキシコ

        ~チャンスを狙う日本の金型企業の戦略とは?~

                        講 師 池上金型工業㈱ 社長 池上正信

 北米の完成車メーカーであるビッグ3もリーマンショックの影響を受け、アメリカの自
動車販売台数は900万台までに減少したが、今や1500万台のレベルに回復しました。
 これまで、メキシコはアメリカの自動車生産基地として大きく発展してきていると同時
に欧州・日系完成車メーカーが加わって進出ブームとなっています。さらにメキシコで
の自動車生産も16年には400万台に迫ると予想されています。このような事態に完成
車メーカーの深刻な悩みがTier1~Tier3等のサプライヤーの確保の課題が出てきま
した。
 10年前からメキシコ・ティファナに進出している大手プラスチック金型の池上金型工業
も13年にはバヒオ地区にも製造拠点を新設しています。
 今回、日本金型工業会ではメキシコミッションを派遣し、日産、GM、フォルクスワーゲ
ン、ホンダ、マツダ等の完成品メーカーを訪問し金型の需要や課題を調査しました。
 この調査団には現地進出している池上金型工業の池上社長も参加しました。そのミッ
ションの調査報告はもちろん、10年に亘るメキシコでの進出経験から金型企業の経営上
の現状や問題点、展望等をお話頂きます。
 特にメキシコがアジアにおける「タイ」のようなサプライヤーの製造拠点として北米、欧
州、アジアだけでなく、中南米等の最大の拠点として、累計販売台数が4000万台の規模
となる等新しい注目の国の最新状況を学びます。

★日 時 平成26年9月29日(月)18時~20時 
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
     http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
・ http://www.npo-admf.org/
・メール info@npo-admf.org
   (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

           ■金型産業情報■<2014.09.01 No59>   
                      
                               ■★金型産業情報 本号目次★■   
 
              日本塑性加工学会
          第311回塑性加工シンポジウム

        平成26年9月12日(金)
         「高強度・軽量化・複雑一体成形に貢献する最新の塑性加工技術」
                     

                
        ★☆・・情報ファイル・・☆★
                 
 
■1)東京理科大
   『平成26年度MOTイブニングセミナー「製品開発のMOT」』

■2)先端技術産業戦略推進機構
   「ワークスタイルの革新」 
  ~多様な働き方の活用を探る~

■3)(株)リクルートホールディングス
    中国における日系企業の求人動向レポート2014年7月分
  「安定推移する人材需要。新車販売台数の足踏みを受け、今後は不透明さも」

■4)労働政策研究・研修機構
    そのスキル、賞味期限は大丈夫?
             副主任研究員 深町 珠由

■5)新着雑誌
   ・ニュースダイジェスト社「生産財マーケット」9月号
     <特集>どこで作る?

=================================

 日本塑性加工学会
 第311回塑性加工シンポジウム

  平成26年9月12日(金)
   「高強度・軽量化・複雑一体成形に貢献する最新の塑性加工技術」

 近年,塑性加工分野においても省エネルギー,省資源の要求が高まってきています.
本シンポジウムでは,省エネルギー,省資源を実現するための高強度,軽量化,複雑一
体成形に貢献する最新の塑性加工法や材料をご紹介いただき,今後の課題について議
論を行います.

・開催日 平成26年9月12日(金)09時50分 – 16時55分
・会 場: 刈谷市産業振興センター 小ホール(7F)
  http://www.city.kariya.lg.jp/shisetsu/sangyokeizai/sangyokoshinsenta/
・プログラム
 (1)自動車の軽量化と衝突安全性向上のための高張力鋼板のプレス成形技術
                              豊橋技術科学大学 森 謙一郎
 (2)加工領域を広げるパルス鍛造             (株)アマダ 山本 一
  (3)省合金型鍛造用はだ焼鋼とその諸特性 山陽特殊製鋼(株) 常陰 典正 
  (4)3倍拡管を実現した大拡管ハイドロフォーミング技術の開発
                                     新日鐵住金(株) 和田 学
  (5)セミソリッドプレス鍛造加工技術            合志技研工業(株) 松尾 司
  (6)ハニカム配列エンボス成形技術            深井製作所(株) 須永 行
  (7)板鍛造の高度化によるトリプルカップ成形技術   (株)富士プレス 森 正廣
  (8)異形状・異材質薄板プレス積層法による自動車用各種センサー部品の開発
                                (株)放電精密加工研究所 村田 力 
・定 員 100名(定員になり次第締切ります.
・申込方法:https://ssl.jstp.jp/r/index.php?emode=event_entry.php&modeW=NEW&ID=672
                    
=======================================                                                             
                                                          
   ★☆・・情報ファイル・・☆★
        
       
■1)東京理科大
  『平成26年度MOTイブニングセミナー「製品開発のMOT」』

・受講料 無料
・各回定員80名(応募多数の場合は抽選)
・会  場 神楽坂・PORTA神楽坂5階
      http://most.tus.ac.jp/mot/summary/index.php

《第二シリーズ 製品開発のMOT》
▽第四回 「市場と技術を結ぶ製品開発 
     - 製品技術・生産技術・オペレーション技術の相互作用 -」
     講  師 松島 茂(東京理科大学MOT教授)
・日 時 平成26年9月24日(水) 19:00 – 20:30
・詳細及び申込み
  http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000264
▽第五回 「クルマの製品企画・開発 - 私の経験 -」
    講  師  高橋 清八 氏
        (元トヨタ自動車取締役第一開発センター長・前大豊工業社長)

・日 時 平成26年10月22日(水) 19:00 – 20:30
・詳細及び申込み
    http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000265
▽第六回 「新規事業を育む経営」
   講  師 西野 和美(東京理科大学MOT准教授)
・日 時 平成26年11月19日(水) 19:00 – 20:30
・詳細及び申込み
   http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000266
・詳細   http://most.tus.ac.jp/mot/news_event/detail.php?i=711

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)先端技術産業戦略推進機構
 「ワークスタイルの革新」 ~多様な働き方の活用を探る~

・日 時: 平成26年9月20日(土)13:00~16:30 懇親会(16:40~)
・場 所: 日本工業大学 専門職大学院  4階 401教室(東京・神保町)
      (神保町) http://mot.nit.ac.jp/access.html
・プログラム
  講 義1:「ワークスタイルの革新」~多様な働き方の活用を探る~
         株式会社 ダンクソフト 代表取締役社長   星野晃一郎 
  ディスカッション  司会 : 高島 利尚 氏  中小企業診断士
・情報提供:日本工業大学専門職大学院の教授陣からの情報提供を予定
・申 込:  http://www.hiia.or.jp/mots/index_mots.html
・問合せ先  先端技術産業戦略推進機構
         中小企業技術経営大学校担当:濱田、安田
        Tel. 03-5282-2111 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)(株)リクルートホールディングス
    中国における日系企業の求人動向レポート2014年7月分
  「安定推移する人材需要。新車販売台数の足踏みを受け、今後は不透明さも」
    http://www.recruit.jp/news_data/release/pdf/20140826_01.pdf
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)労働政策研究・研修機構
 そのスキル、賞味期限は大丈夫?
             副主任研究員 深町 珠由
   http://www.jil.go.jp/column/bn/colum0253.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■5)新着雑誌
  ・ニュースダイジェスト社「生産財マーケット」9月号
   <特集>どこで作る?
    http://www.ido21.com/mm/seisanzai.09.pdf

=====================================

             過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
                   「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
  
=●PR=プラスチック工業技術研究会
 
    ☆9月12日(金)インサート成形技術の高度化・実用化 
   ☆9月26日(金) CAEの基礎と有効活用 
   ☆9月30日(火) 成形不良未然防止のための成形技術
  ⇒  http://www.plakougiken.com
プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆   

        ~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
          平成26年6月15日より順次開講 ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com
      『ものづくり小規模事業者等人材育成事業(助成金)』
            http://www.mstc.or.jp/jinzai

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版  代表取締役  井戸   潔
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362  FAX:043-489-8377  携帯:090-4960-1496
e-mail:web@ido21.com  URL http://www.ido21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━