科学技術者フォーラム(STF)  「生体用金属材料開発・実用化と最先端金属3Dプリンタの紹介」

PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/
                第20回 型技術ワークショップ2014 in 愛知
世界へ発進! AICHIのモノづくり
~技と技の融合で、新たなモビリティ-を~
                     2014年11月27日(木),28日(金)
http://www.jsdmt.jp/02workshop/20.html
                                                   一般社団法人型技術協会・PR+++◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
<11月20日(木)月例会>

電気自動車・燃料電池自動車の最新動向と将来展望

~世界が競い合う地球規模のエネルギー・環境問題~

講 師 (一社)次世代自動車振興センター
次世代自動車部リーダー 荻野法一

12月15日、世界初の燃料自動車がトヨタから「ミライ」という名称でデビューします。
ホンダからも2015年に登場します。
水素と酸素の化学反応でモーターを動かす「究極のエコカー」は、地球規模
でのエネルギー・環境問題解決への挑戦として注目されています。
今回、次世代自動車として世界の自動車企業が「電動車両」開発への取り組
み競争が厳しくなる中で、いち早く登場する「燃料自動車」のわが国の開発の
現状と展望について、下記のような内容で、荻野法一講師からお話を頂くこと
になりました。
(1)エネルギー・環境問題と次世代自動車戦略、(2)電気自動車の開発簡略史、
(3)電動車両の最近の動向、(4)電気自動車(BEV)普及への課題と可能性、(5)
内外の燃料電池自動車(FCV)の動向、(6)EV・PHEV等とスマートグリッドの動向。
講演後、参加の皆さんと質疑討論を行い、次世代自動車について学びます。

★日 時 平成26年11月20日(木)18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
・ http://www.npo-admf.org/
・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■金型産業情報■<2014.11.12No79>

■★金型産業情報 本号目次★■

科学技術者フォーラム(STF)

「生体用金属材料開発・実用化と最先端金属3Dプリンタの紹介」

講 師 東北大学 金属材料研究所 教授 千葉 晶彦

★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)日本金型工業会

第27回 金型関連技術発表交流会

■2)日本塑性加工学会
第138回塑性加工学講座
「被加工材と金型の熱処理の基礎」

■3)東京商工会議所
~中小企業のための広報戦略~
プレスリリース活用法と実践演習

=======================================

科学技術者フォーラム(STF)

「生体用金属材料開発・実用化と最先端金属3Dプリンタの紹介」

講 師 東北大学 金属材料研究所 教授 千葉 晶彦

近年、医療機器産業の成長が期待されていますが、人工関節などの生体材料は、ほとんどが

輸入で大幅な輸入超過となっており、大きな問題となっております。これらの生体用金属材料の
国産化を目的に、これまで長年、本分野の研究開発に従事し、実用化に貢献している東北大学
金属材料研究所教授 千葉晶彦氏をお招きし、本分野の経緯と現状および将来動向、更に、最
近導入した最先端電子ビーム照射加熱金属3Dプリンタの紹介と解説をいただくことになりました。
・日時 平成26年 11月 18日(火)  14:00 ~ 16:50
講演終了後近くの会場で講師を囲んで懇親会開催(19時頃まで)
・会 場 品川区立総合区民会館「きゅりあん」5F 第4講習室
地図:http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/
・参加費 会場でお支払いください。
*科学技術者フォーラム(STF)正会員,女性、学生         1,000円
*BCC-NET会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPOクラブ会員、NPO-BIN会員、
*異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、表界研会員、
BEST-JAPAN研究会、その他友好団体会員       1,500円
*一般      2000円
・参加申込:下記の申込書に記入して、セミナー担当の木村 芳一宛
      メールまたはFAXでお申込みください。
TEL,FAX: 03-3843-1670   E-mail: yt.kimura@sea.plala.or.jp
***********************セミナー参加申し込み  *****************************
<科学技術者フォーラム(STF)平成26年 11月度セミナー(第149回)参加申込書>
・お名前:          (ふりかな:   )
・所属(会社,事務所、団体):メールアドレス:TEL: FAX:
参加区分:(いずれか残す)
・科学技術者フォーラム(STF)正会員、女性、学生
・BCC―NET会員、NPO-BIN会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPO
クラブ会員、異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会
員、表界研会員、BEST-JAPAN研究会、その他の友好団体
・一般(紹介者:              )
・懇親会:参加  不参加 (いずれか残す)
・領収書(講演会)の必要有無: 有   無 (いずれか残す)
=======================================★☆・・情報ファイル・・☆★■1)日本金型工業会
第27回 金型関連技術発表交流会
・日 時  平成26年11月21日(金) 午後2時00分~
・会 場  アパホテル 名古屋錦エクセレント 4階 旭の間
愛知県名古屋市中区錦3-15-30
・プログラム
(1)「 射出成形における合理的生産手法のご紹介 ~「型内見える化」技術とその応用~ 」
(2)「 スラッジの巨大化とイオン交換樹脂の長寿命化、3つの原因とその対策 」
(3)「 当社ハイスピードミーリングセンタにおける『超硬合金の直彫り加工について』 」
・定 員  50名
・参加費
*技術発表会 無料
*交流会日本金型工業会 会員企業=1名当たり2,000円
会員外企業=1名当たり3,000円
*問合せ先 中部支部事務局  TEL 052(937)0269
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)日本塑性加工学会
第138回塑性加工学講座
「被加工材と金型の熱処理の基礎」・開催日 平成26年11月19日(水)9時30分 ~ 17時00分
・会 場 キャンパスプラザ京都
[京都市下京区西洞院通塩小路下ル 電話:(075)353-9111]
・プログラム
(1) (概論)塑性加工と熱処理
(2) 熱処理のための基礎知識
(3) 鉄鋼の熱処理
(4) 被加工材の塑性加工・熱処理と集合組織
(5) 金型用素材の熱処理と表面処理
・詳 細 http://www.jstp.jp/r/jp08/index2.php?emode=event_naiyou.php&ID=693&event_no=K138・日本塑性加工学会事務局
TEL 03-3435-8301  FAX 03-5733-3730
・問合せフォーム:https://ssl.jstp.jp/r/jp08/index2.php?emode=toiawase.php~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)東京商工会議所
~中小企業のための広報戦略~
プレスリリース活用法と実践演習

大企業のようにコマーシャルや広告を出さなくても、中小企業
が自社を売り込むためにできるPR法を紹介。プレスリリースの
基礎知識、事例等を参考に効果的かつ効率的な作り方とその活用
法を指南します。また、自社商品のUSP(特長)・UDP(差別点)
の探し方および記者へのプレゼンの仕方の実践演習を行います。
・日 時 2014年12月05日(金)14時00分?16時00分
・会 場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)3階 研修室A
〒160 -0023 TEL: 03 -3344 -3011
・問合せ先 東京商工会議所 ビジネスサポートデスク(東京西)
TEL: 03 -6279 -0761
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-58644.html
=======================================
過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

=●PR=プラスチック工業技術研究会
☆11月14日(金) 入門・プラスチック成形技術
☆11月27日(木) 射出成形金型設計の基本、設計の実際
⇒  http://www.plakougiken.com
プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
平成26年6月15日より順次開講 ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com
『ものづくり小規模事業者等人材育成事業(助成金)』
http://www.mstc.or.jp/jinzai

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR