人材問題分科会6月例会(27.6.2(火)  「芸術と音楽の都ウィーン 歴史と楽しみ方」

PR◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム 
       <下記は同社の取組みを紹介しています。>
      危機を生き抜く企業力=長野県経済研究所
      ~精密プレスが打ち抜いた世界市場の壁~
      http://www.komatsuseiki.co.jp/data/kigyouryoku.pdf
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        
   超精密加工技術を核に腕時計部品から自動車エンジン部品へ
      ~企業経営体質の変革とグローバル化への挑戦史~

                      (株)小松精機工作所 常務取締役 小松隆史

(株)小松精機工作所は、創業時に腕時計部品組み立てから始まり、上流に位置するプ
レス加工や金型製造まで遡及し、ワンストップ企業として成長してきました。環境の変
化と共に情報機器業界の部品製造を事業へ、80年代半ばからは自動車部品製造も手
掛けています。
 自動車技術の電子制御化という大きな波に乗りグローバル市場への対応が求められま
した。特に自動車の燃費性能と環境規制対応を飛躍的に高めた電子制御噴射装置ノズ
ル部品は、国内及び世界の30%超のシェアを獲得しており、世界の2強と言われるティア
1メーカー2社との取引きは同社の企業評価を高めています。
 今回、安倍政権が「地方創成」を目指している中で、日本の地方都市である長野県で、
日本を牽引する代表的な自動車産業での超精密加工技術を提供、さらに日系企業の海
外展開を支える経営哲学の基本を同社の小松隆史常務取締役に下記のような内容でご
紹介を頂くことになりました。
(1)腕時計部品メーカーから自動車部品へ進出へ転換した経緯
(2)超省エネ、高精密部品の製造技術とは
(3)腕時計部品事業時代
(4)情報機器部品事業時代
(5)自動車部品事業時代
(6)今後の地方中小企業のおかれる環境変化
(7)『微細、高精度、高品質、高管理力』に裏打ちされた未来への展開
等について、如何に時代の変化を読み、成長して来たかをお聞きします。地方創成時代の
モデル企業として皆さんと討論します。

 ★日 時 平成27年5月26日(火)18時~20時 
 ★会 場 日本工業大学神田キャンパス
      http://mot.nit.ac.jp/access.html
 ★申込はこちらへ
        ・ http://www.npo-admf.org/
        ・メール info@npo-admf.org
          (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
 ★定 員 50名
 ★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

           ■金型産業情報■<2015.05.19.No.35>                            
                                       
        
                      ■☆金型産業情報 本号目次☆■    

 
     
           人材問題分科会6月例会(27.6.2(火)
 
        「芸術と音楽の都ウィーン 歴史と楽しみ方」

             元JETRO ウィーン事務所長  神田淳

                                                                                                               
                                                      
                  ★☆・・情報ファイル・・☆★

                                                                                              
■1)経済産業省
   トヨタ自動車(株)製造する容器の型式について承認
  ~水素・燃料電池自動車に関する世界技術規則(gtr)に対応~

■2)国際機関日本アセアンセンター
    アキノ大統領来日記念
         「フィリピン投資フォーラム」開催

■3)ジェトロ
   「チェコ共和国 自動車産業 投資セミナー」

■4) 新着雑誌
   ・日刊工業新聞社「型技術」6月号
    <特集>レーザー加工技術の金型分野への応用

====================================

人材問題分科会6月例会(27.6.2(火)
 
「芸術と音楽の都ウィーン 歴史と楽しみ方」

           元JETRO ウィーン事務所長  神田淳

 今回は、元JETROウィーン事務所長、元京葉ガス常務取締役 神田淳(すなお)先生
を講師にお迎えすることにいたしました。
 神田先生は1945年生。 大分県佐伯鶴城高校から東京大学工学部土木工学科に進
まれ、大学院修士課程卒業。1970年通商産業省に入省され、その後省内各課で活躍され
ましたが、一時インドネシアに赴任された経験もお持ちです。1984年から徳島県商工労
働部参事、86年から原子力発電安全管理課長、国土庁などを経て、1989年埼玉大学
政策科学研究科の教授になられました。
 その後中小企業庁技術課長、関東通商産業局公益事業部長を経て、1995年JETRO
ウィーンセンター所長として、ウィーンに赴任されました。3年後に帰国され、原子力発電
技術機構理事を勤められた後、京葉ガスに移られ、常務取締役を勤められました。現在
高知工科大学(客員教授)東海大学大学院(非常勤講師)前橋工科大学(非常勤講師)で、
エネルギー論を講義しておられます。
 なお著作としては、文芸社から「すばらしい昔の日本人」を出版、(福沢諭吉、上杉鷹山、
聖徳太子などの生き方)またエネルギーフォーラム社から「持続可能文明の創造ーーエネ
ルギーからの文明論」(2012年 エネルギーフォーラム賞受賞)を出版しておられます。
 今回は音楽の都、ハプスブルグ家の本拠地ウィーンを人一倍楽しまれた神田淳先生に
ウィーンの楽しみ方について解説していただきます。
 必ずや、企業の今後の経営、あるいは研究開発の推進に役立つ貴重な話が伺えるもの
と思います。どうぞご期待下さい。
 なお、当分科会はいつでも「朝まで生テレビ方式」のディスカッションを基本にしており、
活発な意見の交流を第一の目標に据えております 参加は無料です。関係者お誘いあわ
せの上、多数ご参加くださるようお願い申し上げます。

・日 時 平成27年6月2日(火)18:00~21:00
・講 師  元JETRO ウィーン事務所長  神田淳先生
・演 題   芸術と音楽の都ウィーン 歴史と楽しみ方
・場 所 政策研究大学院大学 1階 1A 会議室
      東京都港区六本木7ー22-1
      (六本木 国立新美術館の隣です。建物は一つしか有りません)
      橋本久義  政策研

                
====================================

            ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)経済産業省
   トヨタ自動車(株)製造する容器の型式について承認
  ~水素・燃料電池自動車に関する世界技術規則(gtr)に対応~

 経済産業省は、トヨタ自動車株式会社が製造する「水素及び燃料電池に関する世界技
術規則(gtr)」(以下「世界技術規則」という。)に対応した容器の型式について、高圧ガス
保安法に基づき5月18日付けで承認した。
 この承認により、同社は、世界技術規則に対応した容器について、承認された型式の範
囲内の容器であれば、自ら高圧ガス保安法に基づく容器検査や刻印等を行い市場に出す
ことができるため、同社の水素・燃料電池自動車の生産の効率化等に貢献することが期
待されます。
<詳細>  http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150323001/20150323001.html

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)国際機関日本アセアンセンター

    アキノ大統領来日記念
         「フィリピン投資フォーラム」開催

・日 時  2015年6月4日(木)9:30-11:30 (受付開始9:00より)
・会 場 ホテルニューオータニ「鶴の間」西
             http://www.newotani.co.jp/tokyo/info/access/index.html
・定 員 800名(定員になり次第、お申込み受付を締め切ります。)
・参加費】 無料
・言  語 日英同時通訳
・申込方法> 日本アセアンセンターのウェブサイトよりお申込みください。
       http://www.asean.or.jp/ja/invest-info/eventinfo-2015-15/
・申込締切:5月30日(土) 
・問合せ先 駐日フィリピン共和国大使館
       商務部 担当: 堀内 TEL: 03-5562-1591

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■3) ジェトロ
   「チェコ共和国 自動車産業 投資セミナー」

・日 時 201 5年6月9日(火)15:00 – 18:00(14:30受付開始)
・場 所 大阪商工会議所402号室
      http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
・参加費 無料
・定 員60名(先着順)
・申し込み方法 EmailまたはFAX
 
http://www.czechinvest.org/data/files/czech-automotive-investment-seminar-program-20150609-jpy-4698-jp.pdf
・申込締め切り 2015年6月5日(金曜日)
・問合せ先 チェコインベスト(担当:山下)
        TEL: 03-5485-8266
      Email: sayaka.yamashita@czechinvest.org

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■4) 新着雑誌

   ・日刊工業新聞社「型技術」6月号
    <特集>レーザー加工技術の金型分野への応用
      http://www.ido21.com/mm/dmt.15.06.pdf

================================ 

          PR・+++◆一般社団法人 型技術協会
                         http://www.jsdmt.jp/       
 
                        「型技術者会議2015」

                      6月16日(火)・17日(水)
  ・開     催    http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/29_annai.html 
  ・プログラム  http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/pdf/29program.pdf 

                                                一般社団法人型技術協会・PR+++◆
 
=●PR=プラスチック工業技術研究会  http://www.plakougiken.com/

☆5月21日(木)月例会「NPE2015視察特別調査報告会」
☆6月 5日(金)  工場見学会「株式会社長津製作所 本社工場」

                         プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

      ⇔:金型スクール(平成27年度)開講:⇔

  *初心者向けコース 6月22日(月)~7月4日(土)
  *経験者向けコース
    ・プレス 10月19日(月)~10月31日(土)
    ・プラスチック 11月9日(月)~11月21日(土)
    ・マネジメントコース 7/17(金)~12/18(金)
  *募集要領・お申込み http://nit-kanagata.com 

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR