日本塑性加工学会  「GFRTP成形新技術の動向」

 PR⇔(一社)型技術協会

          「型技術者会議2015」 

           ▼↓明日から↓▼
       2015年6月16日(火) ・ 17日(水)
     http://www.jsdmt.jp/01katakaigi/29_annai.html
            <発表論文>
      http://www.ido21.com/mm/dmt.15.07.pdf

                          PR⇔ (一社)型技術協会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

       わが国の自動車製造技術のパートナー

     ~部品産業のグローバル展開の現状と展望~

      講 師  (一社)日本自動車部品工業会 国際部長  中木章五

 世界の自動車部品のメガサプライヤーはボッシュ・デンソー等を先頭に、品質の向上や
高度機能を持つ部品開発技術力の熾烈な競争が始まっています。トヨタ自動車では部品
の共通化戦略として「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を推進して
ますます厳しくなる「環境や安全規制」に適合した部品開発を系列の部品メーカーと共に展
開しています。
今回、日本自動車部品工業会の 中木章五講師により、今、国内だけなく国際的な自動車部
品のグローバル展開の現状を同工業会の調査データを駆使して解説をお願いしました。

(1)日本の自動車部品産業のグローバル展開
(2)JAPIAの活動紹介<含む:模倣自動車部品の現況>
  ご講演後、皆様と質疑・討論を行います。

★日 時 平成27年6月25日(木)18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
             http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
       ・ http://www.npo-admf.org/
       ・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
              「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
                    
         ■金型産業情報■<2015.06.15.No.41>                                                                   
        
                   ■☆金型産業情報 本号目次☆■         
                                     
                日本塑性加工学会

                        第62回塑性加工技術フォーラム

                                        
                                                                             
                  ★☆・・情報ファイル・・☆★

                                           ↓
                http://www.ido21.com

                                                     
■1)内閣府
    「平成27年版 高齢社会白書」

■2)内閣府
   「平成27年版 犯罪被害者白書」

■3)内閣府
  「平成27年版 子供・若者白書(子ども・若者白書)」
  ~特集:地域のネットワークによる子供・若者支援の取組~

■4)新着雑誌
  日刊工業新聞社「型技術」7月号
  <特集>2015 最新・日本の型技術情報64例

====================================

                                      日本塑性加工学会

                        第62回塑性加工技術フォーラム

                       「GFRTP成形新技術の動向」

 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の需要増加が見込まれています.その背景は自動
車向けの軽量化材料としての需要予測です.需要増加予測に伴う炭素繊維の増産も計
画されています.本フォーラムでは午前中に,日本大学の邉研究室のご協力をいただき
繊維複合プラスチック製造,成形技術開発の実際を見学します.午後には,見学内容を
含めて総括的に炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP:Carbon Fiber
Reinforced
Thermo Plastics)についての解説,および個別技術に関する講演があります.さらに
CFRTPの最近の製品例を紹介いただき,最後にはこれからの製品作りに必要な塑性加
工技術について講演及び討論を行います.これからCFRP製造に取り組まれようとする方,
これまでの技術に付加価値をつけたいとお考えの方々のご参加をお待ちいたします。

・日 時:平成27年7月6日(月)13:00~17:00
・場 所:日本大学生産工学部39号館6階スプリングホール
     (千葉県習志野市泉町1-2-1)
・プログラム
(1)炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)の入門と成形法
                                     日本大学 邉  吾一
(2)組紐技術を活用したCFRTP成形              岐阜大学 大谷 章夫
(3)熱可塑性複合材ハイブリッド成形の工程・メリットと装置の概要
                                (株)佐藤鉄工所 三浦  浩
(4)浜松地域と静岡大学のCFRTP成形技術への取組み
                                    静岡大学 早川 邦夫
(5)CFRTPスタンパブルシートを用いたプレス成形    金沢大学 米山  猛
(6)総合討論                             司会  柳田  明

・定 員:フォーラム定員100名(定員になり次第締切ります)
・参加費:フォーラム参加費;会員4,000円 一般6,000円 学生2,000円
・詳 細 http://www.jstp.jp/r/jp08/index2.php?emode=event_list.php

                                    
====================================

            ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)内閣府
    「平成27年版 高齢社会白書」

 我が国の総人口は、平成26(2014)年10月1日現在、1 億2,708 万人と、23(2011)

年から4年連続の減少であった。65歳以上の高齢者人口は、過去最高の3,300万人

(前年3,190万人)となり、総人口に占める割合(高齢化率)も26.0%(前年25.1%)と
過去最高となった。

(1)(目次)
   http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2015/zenbun/pdf/mokuji1.pdf
(2)(白書全文)
   http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2015/zenbun/27pdf_index.html

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)内閣府
   「平成27年版 犯罪被害者白書」

(1)目次
  http://www8.cao.go.jp/hanzai/whitepaper/w-2015/pdf/zenbun/pdf/mokuji.pdf
(2)白書全文
  http://www8.cao.go.jp/hanzai/whitepaper/w-2015/pdf/zenbun/index.html

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)内閣府
  「平成27年版 子供・若者白書(子ども・若者白書)」
~特集:地域のネットワークによる子供・若者支援の取組

(1)目次
  http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h27honpen/pdf/mokuji.pdf
(2)白書全文
 http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h27honpen/pdf_index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)新着雑誌
   日刊工業新聞社「型技術」7月号
    <特集>2015 最新・日本の型技術情報64例
     http://www.ido21.com/mm/dmt.15.07.pdf

         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         
=●PR=プラスチック工業技術研究会  http://www.plakougiken.com/

☆6月19日(金)  自動車用プラスチックに求める技術
 ~自動車を取り巻く最新情報<燃料電池車は切り札になるか>など 
                      プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

      ⇔:金型スクール(平成27年度)開講:⇔

  *初心者向けコース 6月22日(月)~7月4日(土)
  *経験者向けコース
    ・プレス 10月19日(月)~10月31日(土)
    ・プラスチック 11月9日(月)~11月21日(土)
    ・マネジメントコース 7/17(金)~12/18(金)
  *募集要領・お申込み http://nit-kanagata.com 

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR