日本政策投資銀行  製造業が牽引し、4年連続の増加へ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

        中小企業が海外事業を成功させるための方法

          ~海外展開事業再編事例集から学ぶ~          

         コンサルビューション㈱ 代表取締社長 高原彦二郎
         中小企業庁経営支援部 海外展開支援室係長 小林泰之

 中小企業の海外展開(直接投資)が加速傾向にある一方で、既に海外展開を行っ
ている中小企業においては、進出先での事業再編(事業の縮小・撤退、第三国への
移転等)に取り組むケースも増加しています。
 このような状況等を踏まえ、中小企業庁では海外事業の課題を克服するため事業
再編に取り組んだ現地日系企業の事例を収集し紹介するとともに、海外事業再編を
行うに際して留意すべき事項等も整理し、「中小企業の海外事業再編事例集(事業の
安定継続のために)」としてとりまとめました。 
 今回、事例集作成のための研究会委員であるコンサルビューション(㈱高原彦二郎
様と事例集作成を担当した中小企業庁 小林泰之様にお話をお伺いします。
(1)中小企業の海外展開支援と事業再編事例集について(担当:小林泰之)
(2)中小企業が海外事業を成功させるための方法~事業再編事例から学ぶこと~
  (担当:高原彦二郎 (中小企業診断士)
 講演後、質疑応答、討論を行います。
 なお、「中小企業の海外事業再編事例集(89ページ)」の報告集のCDをご参加の方に
差し上げます。

★日 時 平成27年8月26日(水) 18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
             http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
       ・ http://www.npo-admf.org/
       ・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
        「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

                    
          ■金型産業情報■<2015.08.05.No.55>   

           ■☆金型産業情報 本号目次☆■

            日本政策投資銀行

        製造業が牽引し、4年連続の増加へ
  - 好調な業績に支えられ、国内で成長分野への投資が広がる -
  

           
          ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1) 中小機構
   ドイツの報告書 輸入成形品に対するREACH規則要件の強化
■2)産業技術総合研究所
  樹脂-金属接合特性評価試験方法の国際規格ISO19095シリーズ発行

■3)科学技術振興機構(JST)
  アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電

■4)日本塑性加工学会
   –東関東支部 第45回技術懇談会–
   「パーツフォーマーによる圧造加工の新展開」
    見学会<大川精螺工業株式会社・水戸工場>

■5)新着雑誌
  ・ニュースダイジェスト社「生産財マーケティング」8月号
   <特集>2兆円時代への布石

=====================================
 

          日本政策投資銀行

        製造業が牽引し、4年連続の増加へ
  - 好調な業績に支えられ、国内で成長分野への投資が広がる -

 1.大企業(資本金10億円以上)の2015年度国内設備投資額は、製造業(24.2%増)、非製
  造業(8.7%増)ともに増加し、全産業で13.9%増と4年連続の増加となる。
 2.今回調査に基づく2015年度の国内設備投資の特徴としては、以下の点が挙げられる。
 (1) 製造業では、国内で成長分野への投資が広がる
  製造業では、電子部品や自動車部品、高機能製品向けなどへの投資が増加。日本企業が強
 みを有する素材や部材、部品などでエコカーやスマートフォン関連など、国内で成長分野
 への投資が広がっている。投資動機をみると、維持・補修のウェイトがやや低下する一方、
 新製品・製品高度化や研究開発などのより前向きな投資動機のウェイトが上昇する。
 (2) 非製造業では、電力・ガス、運輸、不動産などのインフラ関連が続伸
  消費の多様化や訪日外国人客の増加、都市インフラの老朽化などを背景に、物流施設や商
 業施設関連の投資が増加するほか、不動産再開発の動きが続く。運輸では、高速化・首都圏
 鉄道関連が増加するほか、電力・ガスではエネルギー安定供給のための投資が増加する。
 3.製造業(24.2%増、寄与度8.1%)は、鉄鋼を除く主要業種で前年を上回る。電気機械は、ス
 マートフォンや車載向けの半導体、ディスプレイなどが増加、自動車はエコカー関連を中心
 とした新製品・製品高度化が牽引、一般機械は航空機や自動車向けの新製品・製品高度化が
 増加。
  非製造業(8.7%増、寄与度5.8%)は、電力・ガス、運輸、不動産などのインフラ関連の投資
 が増加する。電力は安定供給などのための電源投資が増加、運輸は高速化・首都圏鉄道関連や
 物流施設が牽引、不動産は都心部大型開発案件などが増加。
 4.海外設備投資は、全産業で5.8%増となる。製造業は、自動車が減少するものの、一般機械
 や電気機械が増加し、4.1%増となる。非製造業は、卸売・小売や不動産が大きく増加し、9.6%
 増となる。国内投資の伸び率が海外を上回ることで、海外/国内設備投資比率は2年連続で低下
 する。
  中期的な国内外の供給能力の見通しについては、相対的に海外を強化する企業は多いものの、
 2012年をピークに低下傾向にある。一方、内外ともに強化する企業が増勢にあり、海外強化の流
 れは一服。
 5.企業行動に関する意識調査では、成長・競争力強化の取り組みとして、製造業では研究開発、
 非 製造業では人的資本への投資が重要との回答が多かった。また、非製造業を中心に人手不足感
 が 強いことが示された。

・調査結果概要 http://www.dbj.jp/investigate/equip/national/pdf_all/201508_summary.pdf
・本 文    http://www.dbj.jp/investigate/equip/national/pdf_all/201508_plant.pdf
・地域別地域別設備投資計画調査 http://www.dbj.jp/investigate/equip/regional/detail.html

===================================

        ★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)中小機構
   ドイツの報告書 輸入成形品に対するREACH規則要件の強化

  http://j-net21.smrj.go.jp/t/156101/well/reach/column/150731.html

*REACH(Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals)は、
平成19年6 月1日から新しくスタートした、欧州における化学物質の総合的な登録・評価・認
可・制限の制度です(注:農薬や医薬品は対象外)。
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/pdfs/reach_0602.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)産業技術総合研究所
  樹脂-金属接合特性評価試験方法の国際規格ISO19095シリーズ発行

樹脂と金属の接合界面の特性評価試験方法が短期間でISO国際規格化
強固に接合された樹脂-金属複合体の接合強度や耐久性を定量的、客観的に評価可能
自動車など輸送機器の軽量化を促進するマルチマテリアル化の普及に貢献
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2015/pr20150706/pr20150706.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)科学技術振興機構(JST)
  アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電

 総合科学技術・イノベーション会議のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「エ
ネルギーキャリア」(管理法人:科学技術振興機構【理事長 中村 道治】の委託研究課題「ア
ンモニア燃料電池」において、 京都大学、(株)ノリタケカンパニーリミテド、三井化学(株)、
(株)トクヤマは共同研究により、アンモニア燃料電池の世界最大規模の発電に成功した。
 http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150722-6/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)日本塑性加工学会
   –東関東支部 第45回技術懇談会–
   「パーツフォーマーによる圧造加工の新展開」
    見学会<大川精螺工業株式会社・水戸工場>
 ・日 時:平成27年 10月 2日(金) 13:00~19:30
 ・会 場:ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸 茨城県水戸市大工町1-2-1
     (http://www.westhills-mito.jp/)
 ・懇親会:ホテル・ウエストヒルズ・水戸    (17:30~19:30)
 ・定 員:50名
 ・参加費:技術懇談会,見学会は無料
 ・懇親会費:当日会場受付でお支払いください
     一般会員 3,000 円,   学生 無料
 ・申込先:〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
    茨城大学 工学部 機械工学科 小林 純也 宛
   電話:0294-38-5024  FAX:0294-38-5024
   E-mail:jkoba@mx.ibaraki.ac.jp
 ・申込締切:平成27年9月25日(金) 17:00

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■5)新着雑誌
  ・ニュースダイジェスト社「生産財マーケティング」8月号
   <特集>2兆円時代への布石
    http://www.ido21.com/mm/seisanzai.15.08.pdf
=======================================

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

      ⇔:金型スクール(平成27年度)開講:⇔

  *初心者向けコース 6月22日(月)~7月4日(土)
  *経験者向けコース
    ・プレス 10月19日(月)~10月31日(土)
    ・プラスチック 11月9日(月)~11月21日(土)
    ・マネジメントコース 7/17(金)~12/18(金)
  *募集要領・お申込み http://nit-kanagata.com 

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR