東京都立産業技術研究センター  「平成27年度(第2回)共同研究募集」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

        内外のドローン産業の現状とその展望

     ~無人航空機(ドローン)による空の産業革命~

                  (一社)日本UAS産業振興協議会 副理事長 千田 泰弘

 米国ドローン産業がいよいよ離陸という見出しで平成27年8月11日の日本経済新
聞は、『IT産業・通信産業・半導体産業・航空/防衛産業・メディア/映画産業・鉄道・
ベンチャー・法律事務所等が、沢山のドローンが秩序だった飛行をするためには使
用ルールを決めるほか、安全性を前提にシムテム開発や交通インフラ整備に取り
かかった』と報じています。
 わが国でも無人航空機システムの健全な発展を推進するため、平成26年7月に
「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」が設立されました。 今回、同
協議会の千田副理事長様にわが国のドローン産業の健全な発展とは何かという
テーマを基に、その内外の動向と展望について、以下のような内容でお話をお願い
しました。
(1)ドローン(無人飛行機)の定義とその歴史
(2)多様な産業領域に活用されるドローン
(3)ドローン産業市場の現状(欧米・アジア・日本)
(4)ドローン産業市場発展のための課題
(5)わが国のドローン市場の展望
(6)JUIDAの活動紹介<2016年展示会開催を含む>
 如何にこの新ドローン産業に取組むのかについて学ぶとともに、質疑討論に
て議論を進めます。皆様のご参加をお待ちしています。

★日 時 平成27年9月28日(月) 18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
        http://mot.nit.ac.jp/outline/access/
★申込はこちらへ
       ・ http://www.npo-admf.org/
       ・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
    「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

                    
       ■金型産業情報■<2015.09.03.No.63>   

       ■☆金型産業情報 本号目次☆■

         東京都立産業技術研究センター

           「平成27年度(第2回)共同研究募集」

              

           
          ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1) JETRO
   展示会・商談会[出展募集]
 「2015中国国際工業博覧会」ジャパン・パビリオン

■2)日本金型工業会
   「インド市場とビジネスマッチングについて」 

■3)東京商工会議所
   ベトナム・カンボジア現地事情視察会

=====================================

             東京都立産業技術研究センター

       平成27年度(第2回)共同研究募集

 東京都立産業技術研究センターは、企業や大学・業界団体から共同研究のテー
マを募集し、相互に経費と課題を分担して新製品や新技術の開発を目的とした共
同研究を実施しています。募集は年2回実施し、今回は第2回目の募集です。事前
に都産技研の技術相談や依頼試験などの支援メニューをご利用され、担当職員と
ご相談の上で、共同研究実施の準備が整ったものが対象になります。
研究成果からは数多くの新製品や特許が生まれていますので、本事業をぜひご活
用ください。

・募集期間 平成27年9月1日(火)~9月10日(木)9:00~17:00(土日除く)
・研究期間 平成27年11月1日~平成28年9月30日
・共同研究者 新製品・新技術の開発、新分野への進出等を企画している次の方が
 共同研究者となります。
 1.都内に事業所を持つ中小企業者、および中小企業団体等
 2.大学、国公立の試験研究機関等
 3.その他、都産技研が特に認める企業等
・技術分野 共同研究可能な技術分野は、ナノテクノロジー、情報技術、エレクト
 ロニクス、システムデザイン、環境・省エネルギー、バイオ応用、少子高齢・福
 祉、メカトロニクス、EMC・半導体、品質強化、震災復興支援、ものづくり基盤技
 術です。
・経費負担 共同研究に係る費用は、各自が負担します。ただし、都産技研が負担
 する経費は、1テーマあたり年間200万円を上限とし、かつ当該研究に係る総経費
 の2分の1以内とします。
・選考方法:書類および面接審査により実施
・問合せ先:技術内容について 技術経営支援室  TEL 03-5530-2140
       申請書類について 開発企画室   TEL 03-5530-2528

・詳細  ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/kenkyu/kyoudo/27-2bosyu.html

===================================

        ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)JETRO
   展示会・商談会[出展募集]
 「2015中国国際工業博覧会」ジャパン・パビリオン

 ジェトロでは、2015年11月に中国・上海で開催される「2015中国国際工業博覧会」
の「工業環境保護技術・設備展(EPTES)」にジャパン・パビリオンを設けて参加しま
す。
・日 時 2015年11月3日(火曜)~2015年11月7日(土曜)
・会 場 国家会展中心 (上海市崧澤大道333号)
・募集締切 9月17日(木)17:00
・問合せ先  日本貿易振興機構環境・インフラ課
      (担当:安池、大塚)
       Tel:03-3582-5542 
・詳 細  http://www.jetro.go.jp/events/mic/3f04339e5b32e37f.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)日本金型工業会
   「インド市場とビジネスマッチングについて」 

・日 時 2015年9月17日(木)15:00~17:00
・懇親会 会場未定本町駅付近
・場 所 大阪科学技術センタービル会議室 603号室
    http://www.ostec-room.com/html/access/access.html
・講 師 ㈲インパクト・インターナショナル
            代表取締役社長マンジット・ワス
・参加費 勉強会 無料
    懇親会 5,000円(当日領収書をお渡しします。)
・申込み・詳細 電話06-6479-1477 FAX06-6479-1479
      k.yoshida@jdmia.or.jp
      http://www.jdmia.or.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)東京商工会議所
   ベトナム・カンボジア現地事情視察会

 中小企業のアジア新興国への期待・関心が高まっています。そ
の中でもベトナム、カンボジアは世界有数の親日国家です。市場
の大きさや成長性といった面で近年非常に注目が高まっている両
国のハノイとプノンペンを訪問します。両国でのビジネスチャン
スを模索されている方は奮ってご参加ください。
・詳細 
 http://email-distribute.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=yB5J3tgNQk8Z

=======================================

=●PR=プラスチック工業技術研究会  http://www.plakougiken.com/

 ☆9月11日 2015/ホットランナーシステムの最新技術 
 ☆9月17日 高性能プラスチックレンズの実用化技術とトラブル対策

                   プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

      ⇔:金型スクール(平成27年度)開講:⇔

  *初心者向けコース 6月22日(月)~7月4日(土)
  *経験者向けコース
    ・プレス 10月19日(月)~10月31日(土)
    ・プラスチック 11月9日(月)~11月21日(土)
    ・マネジメントコース 7/17(金)~12/18(金)
  *募集要領・お申込み http://nit-kanagata.com 

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版
   代表取締役  井戸   潔
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362  FAX:043-489-8377
e-mail:web@ido21.com  URL http://www.ido21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━