日本塑性加工学会 「サーボプレス利用技術の高度化」 10月29日(木)

◆PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/ 
           2015年11月19日(木)・20日(金)
         「型技術ワークショップ2015 in 群馬」
  個性が光るものづくり!つる舞う形、群馬より未来へ挑戦!!
                                      一般社団法人型技術協会・PR+++◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
      「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

                    
       ■金型産業情報■<2015.10.26No.79>   
           http://www.ido21.com

       ■☆金型産業情報 本号目次☆■

        開催日 平成27年10月29日(木)
      
          日本塑性加工学会

      第2回サーボプレス技術フォーラム
      (燕三条ものづくりメッセ2015 併設)

          「サーボプレス利用技術の高度化」
   
                  
           
          ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1) 日本金型工業会
          第29回 金型関連技術発表交流会 開催

■2)素形材センター
     セミナー「航空機構造の軽量化と高い安全性の追求」

■3)富士通総研
    IoTは日本のモノづくり飛躍の要~擦り合わせ型生産は
               市場との融合と生産の水平統合で生まれ変わる

■4)独立行政法人 経済産業研究所
    「マイナンバー制度の今後の展開と課題」 森信 茂樹

====================================
                               平成27年10月29日(木)

                                  日本塑性加工学会

                       第2回サーボプレス技術フォーラム
                  (燕三条ものづくりメッセ2015 併設)

                     「サーボプレス利用技術の高度化」

 日本塑性加工学会と日本金属プレス工業協会との共催で「サーボプレス利用技術
研究委員会」を設置し,産学共同で研究開発を進めて参りました.平成24年9月にそ
の成果を報告書にまとめ,委員限定で配布しましたが公開しておりませんでした.
 このたび,その成果を公表するフォーラムをつぎのように開催いたします.講演
ではサーボプレスの利用技術動向や先進企業の加工事例を紹介する内容になっており
ます.また,今回は「燕三条ものづくりメッセ2015」と併せて開催いたします.展示
会を見学する時間も設けましたので,奮って参加のほどお願い申し上げます.【報告
書の内容】4年間にわたる産学連携の研究組織においてプレス加工に用いられる板材を
対象として,サーボプレスを使って引張試験,コイニング加工(球面押し込み),せ
ん断試験を実施しました.スライドモーションが各種成形特性にどのように影響する
か貴重なデータを得ることができました.

・開催日 平成27年10月29日(木)10:30~ 17:00
・会 場 燕三条地場産業振興センター メッセピア4F大会議室
     新潟県三条市須頃1丁目17番地
     電話:0256-32-2311(代)
・プログラム
 (1)挨   拶                                先進的金型研究会 会長  渡部 豈臣

<第1部>                                          司 会 東京都立大学  西村  尚
(1)サーボプレス利用技術の高度化に関する最近の動き
                                              首都大学東京  楊  明
(2)サーボプレス利用技術の高度化研究委員会の成果報告
                                             理化学研究所  林  央
<第2部>
(1)燕三条ものづくりメッセ2015見どころ紹介
(2)見 学(昼食時間を利用して) 燕三条地域地場産センター 平賀 仁
<第3部>                 司 会 新潟県工業技術総合研究所  山崎 栄一
(1)サーボプレスの機能をうまく使った利用技術事例
                                          東京都立大学  西村  尚
(2)地元企業での利用技術事例報告1 
                      新潟県工業技術総合研究所  相田 収平
(3)地元企業での利用技術事例報告2
                                  フジイコーポレーション(株)  親松  豊
(4)サーボプレスを利用した新加工技術
  *サーボプレスによるボンデフリーパルス鍛造技術
                                              (株)アマダ  山本  一
  *複動サーボプレスを用いたワンショット複合加工
                              (株)放電精密加工研究所  高橋 竜哉
  *応力緩和現象を利用したひずみ分散化による深絞り加工性向上法
                                    (株)本田技術研究所  山下  裕之
  *サーボプレスを使ったファインフォーミング加工事例
                                          (株)秦野精密   渕脇 健二
・申込方法 なるべくE-mailにて「技術フォーラム」と題記し,下記明記の上,
  申し込みください.(1) 氏名(2) 勤務先(名称,所属)(3) 連絡先(住所,
 電話,E-mail)
・定 員80名に達した時点で締切ります.
・申込先 首都大学東京 楊 明 研究室 
    電話・FAX:042-585-8440,E-mail:yang@tmu.ac.jp
・参加費(テキスト代)5,000円,当日受付支払い・
     サーボプレスの利用技術(研究委員会報告書)1部贈呈します.

        
===================================

        ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)日本金型工業会
          第29回 金型関連技術発表交流会 開催

・日  時 平成27年11月12日(木)14時~6時30分
・会  場  アパホテル アパホテル 名古屋錦 エクセレント 4階 旭の間
     名古屋市中区錦 愛知県名古屋市中区錦3-15 -30
     地下鉄/東山線・名城線「栄駅」2番出口より徒歩約1分
・定  員 50名定員に達し次第締め切らせていただきます。
・参加費 技術発表会 無料
     ・交流会
      (一社)日本金型工業会 会員企業=1名当たり2,000円、
       会員外企業=1名当たり3,000円
・申込方法 中部支部事務局にFAXにて
       返信先:(一社)日本金型工業会中部支部 事務局
                FAX№052-937-9889
・プログラム 主催者開会挨拶
 (1)「スーパークリーナーによる、ワイヤカットのさらなるコストダウン」
                     ㈱橋本テクニカル工業 橋本直幸
 (2)「現場の実情に合った工程管理支援システム『cycleon』
      ~金型屋がシステム開発に携わることで見えたシステムの要素とは?~」
                        ベントム工業㈱ 本田大介
 (3)「部品計測におけるディメンショナルX線CTの活用
     ~X線CTMETROTOMの紹介及びマルチセンサ-測定器0-INPECTの紹介~」
                       カ-ルツァイス㈱)井口真二
  (4)聴講者に並びに発表者、技術委員による情報交流会
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)素形材センター
     セミナー「航空機構造の軽量化と高い安全性の追求」

・日 時 平成27年11月19日(木) 13:30~16:30
・場 所 名古屋市吹上ホール(名古屋市千種区吹上2-6-3)
・詳 細 TECH Biz EXPO2015のホームページ(下記URL)をご覧ください。
      http://www.techbizexpo.com/event/index1119.html#no16
・申込方法 上記URLからお申し込みください。
     、TECH Biz EXPO2015入場者、またはインターネットからの
      申込みの場合は、聴講無料です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)富士通総研
    IoTは日本のモノづくり飛躍の要~擦り合わせ型生産は
               市場との融合と生産の水平統合で生まれ変わる

 境界のない仮想世界にモノのデータが集まる意味は、データの発信者と活用者の間
でオープンな「中抜き」が起きるということです。ダイレクトなやりとりが可能になるという
ことは、モノの状態や振る舞いのデータが人の手を経て集約加工されることなく仮想世
界に伝えられることを意味し、またその逆も起き得るということです。

http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/column/opinion/201510/2015-10-2.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)独立行政法人 経済産業研究所
    「マイナンバー制度の今後の展開と課題」 森信 茂樹

 マイナンバー制度は、マイナンバー、マイナンバーカード、マイナポータルという3つの
社会インフラから成り立っています。マイナンバーは、プライバシーの観点で税・社会保
障に限られており、違反すれば刑事罰が適用されます。

http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/15100801.pdf

==================================

=●PR=プラスチック工業技術研究会  http://www.plakougiken.com/

☆11月  6日(金) 見学会「YKKのものづくりの秘密――センターパーク」
☆11月13日(金) 入門/プラスチック成形技術 技術講座
☆11月20日(金)  プラスチックの強度特性と製品設計、成形加工の進め方 

                   プラスチック工業技術研究会==PR●=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版
   代表取締役  井戸   潔
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362  FAX:043-489-8377
e-mail:web@ido21.com  URL http://www.ido21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━