日本塑性加工学会「先進的多軸応力試験による鋼板成形の高度化研究会」

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

21世紀・世界成長パワーのアジアへの期待

~フィリピン/インドネシア進出成功体験を語る~

 

講 師 (株)伊藤製作所 代表取締役社長 伊藤 澄夫

日本の21世紀成長のフィールドは、中国やインドだけでなくアジア全体が他の大

陸と異なる展望が明確になってきたことから、アジア地域とは、ますます強固な連携

が続いて行くものと予想されています。

すでに率先して大企業がアジアのへの企業進出を展開していますが、その大企業

の製造を支えているのは、日本では企業数の99.7%、従業者数の66.9%を占めている

という中小企業の「集積力」でもあります。

伊藤社長が20年前に目標としたタイでなくフィリピンへの進出を「手探りの経営

で不安の連続だった」と当時の本音をお話されていますが、2013年にはさらにイ

ンドネシアへの工場の設立をしました。この進出は20年間にフィリピンで育った現

地法人の社員が技術者として派遣出来るという状況までになりました。

今回、ASEANでは、インドネシア2億5000万人、フィリピン1億人と言う2大

人口国での金型・プレス加工業を展開し順調に育った進出体験について、金型企業が

どんな経緯で「経営力」と「技術力」発揮して現在の状況を迎えたのかを、下記のよ

うに伊藤社長様に本音のお話を頂くことになりました。

(1)20年間フィリピンで貫いた日本的経営とは

(2)インドネシアで「日本の親父力経営」がなぜ歓迎されたか

(3)アジア進出で学んだ儲かる3つのポイント

(4)中小企業の海外進出のメリットとデメリット

等々についてご報告を伺い、質疑と共に討論を行います。

<参考>週刊ダイアモンド16.12.20号掲載:櫻井よしこ氏コラムに紹介

http://www.ido21.com/mm/sakurai.pdf

なお、伊藤講師のご厚意により参加者に30冊を抽選で著書「ニッポンのスゴイ親父

力経営」日経BP社刊を贈呈いたします。

★日時平成28年1月27日(水) 18時~20時

★会場日本工業大学神田キャンパス

http://mot.nit.ac.jp/outline/access/

★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org

・メールinfo@npo-admf.org

(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定員 50名★参加費 1000円会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

 

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

過去のIDOメールマガジン:http://www.ido21.com〕

「ご友人にも転送ください。リンクフリーです

 

■金型産業情報■<2016.01.12No.02>

http://www.ido21.com

 

■☆金型産業情報 本号目次☆■

 

日本塑性加工学会

    東京・南関東支部 新進部会 第11回勉強会

       日本鉄鋼協会創形創質工学部会

      「先進的多軸応力試験による鋼板成形の高度化研究会」

 「International Seminar on Advanced Material Processing

                and Material Modeling for Steel」

 ★☆・・情報ファイル・・☆★

 

■1)(公財)神奈川産業振興センター

06    【テクニカルショウヨコハマ2016】

~よこはま産学・企業間連携コーナーのご案内~

■2)中小企業技術経営大学校

2016年をむかえるにあたって

~みんなで語る新年の抱負とMOT.S~

■3)リード エグジビション ジャパン株式会社

2016年1月13日(水)~15日(金)

エレクトロニクス、自動車技術、ウェアラブル等の展示会

■4)  埼玉県

1月27日

.「彩の国ビジネスアリーナ2016」の開催

====================================

日本塑性加工学会

    東京・南関東支部 新進部会 第11回勉強会

       日本鉄鋼協会創形創質工学部会

     「先進的多軸応力試験による鋼板成形の高度化研究会」

 「International Seminar on Advanced Material Processing

                         and Material Modeling for Steel」

 海外の塑性加工・材料モデルの研究に携わる著名な研究者を日本に招聘し,

鉄鋼材料に関連した先進塑性加工から材料モデルを中心とした研究トピックス

を紹介する国際セミナーを開催します.基調講演として,異方性降伏関数で世

界的に有名なPOSTEC(韓国)のBarlat教授やESAFORM会長でありSheet metal

forming processes: constitutive modelling and numerical simulation (2010,

Springer) の著者として著名なTechnical University of Cluj-Napoca(ルーマニア)

のBanabic教授を招聘しています.国際会議経験の少ない日本人学生・技術者の

他にも大学の研究者,企業所属の技術者まで幅広い参加を期待します.また日

本に在住する海外留学生の参加も大いに期待します.セミナー終了後には簡単

な技術懇談会の場を設け,普段なかなかお話することのない海外の先生方との

交流の場を設けます

・開催日: 平成28年01月25日(月)13:00~ 19:00

・会   場:東京農工大学小金井キャンパス 140周年記念会館 [〒183-0057東京都小金井市中町2-24-16, 電話042-388-7764]
・交  通:JR中央線東小金井駅南口から徒歩10分
・プログラム:(13:00~17:10)
13:00-13:10Opening greetings
Toshihiko Kuwabara, Tokyo Univ. Agricul. Technol.
13:10-14:00【Plenary lecture 1】
“Constitutive modeling of plasticity in non-proportional loading for steel forming applications”
Frederic Barlat, POSTEC
14:00-14:50【Plenary lecture 2】
“Advanced modelling of anisotropic behavior and forming limit of sheet metals”
Dorel Banabic, Technical University of Cluj-Napoca
14:50-15:05Break
15:05-15:30“Model of residual stresses in hot-rolled sheets with taking into account relaxation process and phase transformation”
Andrzej Milenin, AGH University of Science and Technology
15:30-15:55“Elastic and plastic anisotropy of dual-phase steels”
Yannis P. Korkolis, University of New Hampshire
15:55-16:20“Fast and accurate predictions of steel plastic properties using statistical grain-interaction modeling”
Philip Eyckens, KU Leuven
16:20-16:45“Post-necking material behavior: identification, modelling and simulation in metal forming processes”
Sam Coppieters, KU Leuven
16:45-17:10“Material modeling of steel sheets using multiaxial stress tests”
Toshihiko Kuwabara, Tokyo Univ. Agricul. Technol.
技術懇談会:(17:15~19:00)
場 所 東京農工大学小金井キャンパス 140周年記念会館
定   員80名
参加費国際セミナー 無料
技術懇談会 東京・南関東支部会員 1,000円
日本鉄鋼協会会員 1,000円
学生 無料
その外 4,000円
申込方法「鋼板成形の高度化研究会」と題記し, (a)氏名, (b)勤務先・所属部課名・役職」, (c)連絡先(住所・電話・FAX・E-mail), (d)日本鉄鋼協会もしくは日本塑性加工学会(正会員,賛助会員,学生会員,所属支部)の資格を明記のこと, (e)技術懇談会への参加の有無 を明記の上,下記申込先のE-mailにてお申し込みください.
申込期限平成28年1月18日(月)
申込先〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 首都大学東京 大学院 理工学研究科 機械工学専攻 古島 剛 宛 電話:042-677-1111(内)4187,FAX:042-677-2701, E-mail: furushima-tsuyoshi@tmu.ac.jp

===================================

 

 

★☆・・情報ファイル・・☆★

 

 

■1) (公財)神奈川産業振興センター

06    【テクニカルショウヨコハマ2016】      ~よこはま産学・企業間連携コーナーのご案内~

・日  時: 2016年2月3日(水)~5日(金) 10:00~17:00 ・会  場: パシフィコ横浜展示ホールC・D          (横浜市西区みなとみらい1-1-1) ・入 場 料: 無料 ・産学連携ワークショップ スケジュールはこちら  http://www.idec.or.jp/renkei/tsyokohama/WS.php

・テクニカルショウヨコハマ2016入場事前登録はこちら  https://www.kipc.or.jp/yokohama2016/entry/index.html

・テクニカルショウヨコハマ2016公式HP  http://www.tech-yokohama.jp/tech2016/ ・「よこはま産学・企業間連携コーナー」に関するお問合せ   公益財団法人 横浜企業経営支援財団 経営支援部 技術支援課    TEL:045-225-3733  E-mail:gijyutsu@idec.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)中小企業技術経営大学校

2016年をむかえるにあたって

~みんなで語る新年の抱負とMOT.S~
・日 時: 平成28年1月16日(土)13:00~16:30 懇親会(16:40~)

・場 所: 日本工業大学 専門職大学院 3階多目的ホール(東京・神保町)

(神保町) http://mot.nit.ac.jp/access.html

・ディスカッション:2016年新年の抱負とMOT.Sのあり方

情報提供:一般社団法人 首都圏産業活性化協会 事務局長 小林 弘幸 氏

質疑応答:(コーディネータ:高島 利尚 氏  中小企業診断士)

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円  を開催(60-90分程)いたします。

・申 込: 添付の案内のFAX送付か、本状の返信にてご連絡ください。

MOT.Sについては以下のURLをご参照ください。

http://www.hiia.or.jp/mots/index_mots.html

・申込フォーム:http://www.hiia.or.jp/seminar/regist-form.html

・問合せ先  先端技術産業戦略推進機構

中小企業技術経営大学校担当:濱田、安田

Tel. 03-5282-2111 Fax. 03-5282-2137

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)リード エグジビション ジャパン株式会社

2016年1月13日(水)~15日(金)

エレクトロニクス、自動車技術、ウェアラブル等の展示会

ものづくりの未来を体感できる最新技術の全てがビックサイトに!

【 自動運転 】【 ウェアラブル 】【 スマートライティング 】…

(1) ネプコン ジャパン2016         http://www.nepconjapan.jp

(2)オートモーティブ ワールド2016     http://www.automotiveworld.jp

(3)第2回 ウェアラブルEXPO     http://www.wearable-expo.jp

(4) ライティング ジャパン2016           http://www.lightingjapan.jp

・会   期:2016年1月13日(水)~15日(金) ・ 会   場:東京ビッグサイト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)埼玉県

1月27日

「彩の国ビジネスアリーナ2016」の開催
・日 時 平成28年1月27日(水)10:00~18:00

平成28年1月28日(木)10:00~17:00

・場 所 さいたまスーパーアリーナ

(埼玉県さいたま市中央区新都心8番地)

・入場料 無料

・詳細  http://bizmatch.saitama-j.or.jp/index.html

 

========================================================================

=●PR=プラスチック工業技術研究会

http://www.plakougiken.com/

 

☆1月22日(金)「技術者・研究者のための“特許”の読み方と活用法」

☆1月 26日(火)「2016/最新射出成形機における特徴・機能/応用技術」

プラスチック工業技術研究会

プラスチック工業技術研究会=PR●=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版

代表取締役  井戸   潔〒285-0843

千葉県佐倉市中志津2-23-15

電話:043-489-8362   FAX:043-489-8377e-mail

web@ido21.com URL http://www.ido21.com