日本金属プレス工業協会 =プレス加工の「見える化」・「測れる化」=

あけましておめでとうございます。

                            本年もよろしくお願い申し上げます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
     21世紀・世界成長パワーのアジアへの期待
     ~フィリピン/インドネシア進出成功体験を語る~
       講 師 (株)伊藤製作所 代表取締役社長 伊藤 澄夫
 日本の21世紀成長のフィールドは、中国やインドだけでなくアジア全体が他の大
陸と異なる展望が明確になってきたことから、アジア地域とは、ますます強固な連携
が続いて行くものと予想されています。
 すでに率先して大企業がアジアのへの企業進出を展開していますが、その大企業
の製造を支えているのは、日本では企業数の99.7%、従業者数の66.9%を占めている
という中小企業の「集積力」でもあります。
 伊藤社長が20年前に目標としたタイでなくフィリピンへの進出を「手探りの経営
で不安の連続だった」と当時の本音をお話されていますが、2013年にはさらにイ
ンドネシアへの工場の設立をしました。この進出は20年間にフィリピンで育った現
地法人の社員が技術者として派遣出来るという状況までになりました。
 今回、ASEANでは、インドネシア2億5000万人、フィリピン1億人と言う2大
人口国での金型・プレス加工業を展開し順調に育った進出体験について、金型企業が
どんな経緯で「経営力」と「技術力」発揮して現在の状況を迎えたのかを、下記のよ
うに伊藤社長様に本音のお話を頂くことになりました。
 (1)20年間フィリピンで貫いた日本的経営とは
 (2)インドネシアで「日本の親父力経営」がなぜ歓迎されたか
 (3)アジア進出で学んだ儲かる3つのポイント
 (4)中小企業の海外進出のメリットとデメリット
 等々についてご報告を伺い、質疑と共に討論を行います。
  <参考>週刊ダイアモンド16.12.20号掲載:櫻井よしこ氏コラムに紹介
 なお、伊藤講師のご厚意により参加者に30冊を抽選で著書「ニッポンのスゴイ親父
力経営」日経BP社刊を贈呈いたします。
★日 時 平成28年1月27日(水) 18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
        http://mot.nit.ac.jp/outline/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
  ・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
       「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
     ■金型産業情報■<2016.01.15No.03>
            http://www.ido21.com
   ■☆金型産業情報 本号目次☆■
          一般社団法人日本金属プレス工業協会
         第95回金属プレス加工技術研究会
       =プレス加工の「見える化」・「測れる化」=
          ★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)ジェトロ
 「フィリピン投資ミッション」参加者募集 <締め切り迫る!>
■2)ASIA-NET
   「グローバル人材を探す/外国人を採用する」
■3)帝国データバンク
  2015年の円安倒産、2年連続増加
~ 前年比2.0%の微増も、中小・零細企業の倒産目立つ ~
====================================
   一般社団法人日本金属プレス工業協会
   第95回金属プレス加工技術研究会
  =プレス加工の「見える化」・「測れる化」=
・日 時 平成28年2月15日(月) 10:00 ~ 17:00
・会 場 機械振興会館 6階 6-66号室
・プログラム
 【総合司会】 元湘南工科大学 教授 片岡 征二
【プログラム】 開会の辞
(1) 測圧ピン法による加工中の素材と金型の接触状態計測
                首都大学東京 工学部 教授  楊 明
(2)金型温度の制御と計測の最新動向
               芝浦工業大学 工学部 教授 相澤 龍彦
(3)超音波計測による金型と工具の接触状態の評価と欠陥検出
   西日本工業大学 工学部 教授 野中 智博 氏・ 教授 坂田 豊
         熊本大学 大学院 自然科学研究科 教授 丸茂 康男
(4)磁気探傷法を活用したプレス加工品のインライン非破壊検査
              偕成エンジニア㈱ 技術部 主任 竹内 弘
(5)非接触3次元ひずみ測定システムによる材料変形の計測
   丸紅情報システムズ㈱ 製造ソリューション事業本部 宮下 進太郎
(6)微細穴あけ金型の可視化技術とナノ精度位置調整金型の開発
           (独)産業技術総合研究所 グループ長 中野 禅
(7)7 サーボプレススライド変位の計測と解読法
             職業能力開発総合大学校 准教授 村上 智広
(8)塗布した潤滑油の膜厚の計測法
              (株)ケット科学研究所 営業部 中村 翔太郎
・総合討論  (総合司会 片岡 征二 氏、講師全員)
・定 員 80名
・参加費 本協会会員 10,000円(テキスト代含む)
     会 員 外 15,000円(テキスト代含む)
・申込方法 本協会ホームページからでもお申し込みができます
・締め切り 平成28年2月10日(水)
・参加申込みのお問い合せ先 一般社団法人日本金属プレス工業協会
 TEL:03-3433-3730 FAX:03-3433-7505
===================================
   ★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)ジェトロ
  「フィリピン投資ミッション」参加者募集 <締め切り迫る!>
フィリピンは、人的資源の豊富さ、意思疎通の容易さ、輸出志向
型企業への手厚いインセンティブのほか、今年6月に発表された包括的自動車
産業再生プログラムによる、自動車及び自動車部品製造に対する財政支援が期
待されることなどから、自動車分野を中心に直接投資先として各国企業の関心
を集めています。
<本ミッションのポイント>
(1)首都マニラ周辺の主要工業団地等を視察!
     マニラ周辺のバタンガス州、パンパンガ州、カビテ州、ラグーナ州の工業団地
等を訪問。各都市の投資環境を効率的に比較できます。
(2)進出日系企業や現地機関との関係構築が可能!
     フィリピンの投資促進機関であるPEZA(フィリピン経済区庁)や進出日系企業
等との交流・情報交換を予定しています。
(3)特色ある企業の取り組みを視察!
     小規模に素早く現地拠点を立ち上げたい進出検討企業に有益な地場製造企業や、
フィリピンの人材を海外展開の戦力として育てている企業等を視察します。
・期 間 2016年2月2日(火曜)~2月5日(金曜)※現地集合・現地解散
・訪問都市 フィリピン・マカティ市、パンパンガ州、バタンガス州、カビテ州、
 ラグーナ州等
・募集対象者 フィリピンへの進出に具体的な関心をお持ちの日本企業・在外日
系企業(主に中小製造業)の皆様
・募集人員 定員40名(最少催行人数:20名)
・申込締切り 2016年1月18日(月曜)
・スケジュール、申込み方法等詳細 http://www.jetro.go.jp/events/Philippines
・問合わせ先 ジェトロ ビジネス展開支援課(担当:佐々木、伊藤)
TEL: 03-3582-5235 / FAX: 03-3585-1630
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2) ASIA-NET
   「グローバル人材を探す/外国人を採用する」
 (1)外国人社員を採用するときの注意点
 (2)現地採用か、日本採用か
 (3)
・講 師 (株)パソナテック 東日本営業部
         グローバルソリューショングループ 下平康子
・日 時:1月28日(木)15:00~16:30(14:30受付開始)
・会 場:東京都南部労政会館 第2会議室
   品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ウェストタワー2F
   最寄駅:大崎(JR山手線/埼京線/りんかい線)徒歩5分
・定 員:20人(少人数で実施する勉強会です)
・参加費:1,000円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)帝国データバンク
  2015年の円安倒産、2年連続増加
~ 前年比2.0%の微増も、中小・零細企業の倒産目立つ ~
 1月11日の円相場は一時1ドル=116円台まで上昇し、昨年8月以来の水準まで円高が進行した。
この1カ月で約7円も円高が進んだ形だが、北朝鮮による水爆実験、中国経済や人民元安への懸念
など先行き不透明感が否めない。中期的には米国の利上げ継続が一段の円安進行につながるとの
見方も根強く、今後の為替相場次第では、円安関連倒産が再び増加する可能性もある。
 帝国データバンクは、2013年1月から2015年12月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整
理のみ)の中から、円安の影響を受けて倒産した企業を抽出し、件数・負債推移、地域別、業種
細分類別、負債規模別に集計・分析した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
========================================================================
=●PR=プラスチック工業技術研究会
☆1月22日(金)「技術者・研究者のための“特許”の読み方と活用法」
☆1月 26日(火)「2016/最新射出成形機における特徴・機能/応用技術」
          プラスチック工業技術研究会
                                       プラスチック工業技術研究会=PR●=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版
   代表取締役  井戸   潔〒285-0843
千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362  FAX:043-489-8377e-mail