経済産業省 「理工系人材育成に関する産学官行動計画」

PR^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^一般社団法人型技術協会
      創立30周年記念大会<2016年9月21日(水)>
        ⇔プログラム⇔ http://www.jsdmt.jp/30th/pdf/program.pdf
        ⇔申 込 み⇔ http://www.jsdmt.jp/30th/

一般社団法人型技術協会^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^PR

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
           
高難易度の自動車部品プレス加工で成長

   ~国内で高付加価値のものづくりにこだわり世界市場へ挑戦~

久野金属工業㈱  専務取締役兼CIO 久野 功雄

これまで同社は‟第3回ものづくり日本大賞『優秀賞』受賞”、‟グローバルニッチ
トップ企業100選”、‟攻めのIT経営中小企業百選”等に選ばれ、時代の先端トレンド
に果敢に対応して来た結果としての成果を出しています。
 特に同社が他社との差別化を図ってきたのは「順送型深絞りプレス加工」で、この
ところの世界の自動車企業が競い出した環境と安全というキーワードによる「EV/PHV
エコカ―」への対応も可能なプレス加工技術の開発研究を着々と準備しリチウム電池
用ケースでは月産20万個という生産で自動車企業へ供給実績があります。
 今回、久野功雄専務取締役から顧客である大手自動車企業とのビジネスを通して
磨かれた来た経営や技術開発の経過と最新技術である「IoT・AI」へも繋がる製造業
への現状と展望についてのお話しもお願いしました。
(1)同社の成長の歴史
(2)2016年『攻めのIT経営中小企業百選』を受賞したIT化への取組み
(3)プレスの自社開発による付加価値向上
(4)差別化された技術から生まれた部品群と自社商品開発
(5)全日本製造業コマ大戦参加を通じたモノづくりの広がり
(6)「自動走行車」時代に求められる日本の中小製造業の課題とは
    URL http://kunokin.com/
★日 時 平成28年8月23日(火)18時~20時
★会 場 政策研究大学院大学1教室
        http://www.grips.ac.jp/about/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
・メール info@npo-admf.org
      (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ 金 型 産 業 情 報 ■

<2016.08.10No.62>

            http://www.ido21.com

■☆金型産業情報 本号目次■☆

               経済産業省

「理工系人材育成に関する産学官行動計画」
               

★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)PwC Japan
    経済犯罪実態調査 2016(グローバル翻訳版)
    経済犯罪‐リスクに対する焦点を変える

■2)東レ経営研究所
   企業がIoT時代を生き残るために必要なこと

■3)中小機構
    中小企業ニュース
  ◇7月の企業倒産、5カ月連続減-民間2社調査
   ◇70歳まで働ける「健康立国」を-政府の経済財政諮問会議で民間議員提
   案

■4)新着雑誌
    日刊工業新聞社「プレス技術」9月号
    <特集>・発想力で勝負するプレス・板金加工技術
・現場力を引き出すプレス・板金加工の安全対策
  
================================

                経済産業省

「理工系人材育成に関する産学官行動計画」

 理工系人材は、特に産業界において、イノベーション創出に欠くことができない存在として、
人材需要が高まっている状況であり、産業界で活躍する理工系人材を戦略的に育成する
方策を検討するため、経済産業省と文部科学省は、平成27年5月に、「理工系人材育成
に関する産学官円卓会議」(以下「円卓会議」)を共同で設置し、これまでに9回開催し
ました。
このたび、円卓会議で議論してきた「産業界のニーズと高等教育のマッチング方策、専門教
育の充実」、「産業界における博士人材の活躍の促進方策」、「理工系人材の裾野拡大、
初等中等教育の充実」の3つのテーマについて、平成28年度から重点的に着手すべき取組
を「理工系人材育成に関する産学官行動計画」(以下「行動計画」)としてとりまとめまし
た。

 行動計画の項目
1.産業界のニーズと高等教育のマッチング方策、専門教育の充実
(1)産業界のニーズの実態に係る調査に基づく需給のマッチング
(2)産業界が求める理工系人材のスキルの見える化、採用活動における当該スキルの有
無の評価
(3)産業界のニーズを踏まえたカリキュラムの提供

2.産業界における博士人材の活躍の促進方策
(1)産学連携による博士人材の育成の充実
   ①産学共同研究を通じた人材育成の推進
   ②中長期研究インターンシップの普及
   ③「博士課程教育リーディングプログラム」の促進
   ④新規分野の開拓における博士人材の活躍促進
(2)研究開発プロジェクト等を通じた人材の育成

3.理工系人材の裾野拡大、初等中等教育の充実
(1)実験や科学的な体験等を通じた理工系科目に対する学習意欲・関心の向上
(2)キャリアパスの見える化等を通じた職業・進路への興味・関心の喚起

4.今後の予定
行動計画の実効性を高めるため、様々な機会を活用して関係者への周知を行います。
また行動計画については、毎年度、その取組の進捗状況をフォローアップし、円卓会議
において確認した上で、必要に応じて改訂を行うとともに、更に実効性を高めるため、目
指すべき指標を設定するなど、産学官において理工系人材育成の取組を推進する方
策を検討・実行してまいります。

・詳 細 http://www.meti.go.jp/press/2016/08/20160802001/20160802001-1.pdf

==================================

★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)PwC Japan
    経済犯罪実態調査 2016(グローバル翻訳版)
    経済犯罪‐リスクに対する焦点を変える
<詳細>
  http://www.pwc.com/jp/ja/japan-knowledge/archive/assets/pdf/economic-crime1608.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)東レ経営研究所
   企業がIoT時代を生き残るために必要なこと

・ IoT は、これまでデジタル化されていなかったアナログプロセスをデジタル化するもの である。
・ IoT の進展により、製造業の競争軸はモノの製造・販売にとどまらず、モノを介した顧 客
 価値の提供全般へと広がる。競争力の源泉はハードウェアからソフトウェアに移行し、 製造
 業はモノ自体の進化だけではなく、モノを取り巻くサービスやユーザー体験などを 含めた広い
 視野からイノベーションの種を見つける必要が出てきた。
<詳細> http://www.tbr.co.jp/pdf/report/eco_g051.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)中小機構
   中小企業ニュース

  ◇7月の企業倒産、5カ月連続減-民間2社調査
   http://j-net21.smrj.go.jp/t/166741/watch/news_tyus/entry/20160809-06.html

  ◇70歳まで働ける「健康立国」を-政府の経済財政諮問会議で民間議員提
   案
   http://j-net21.smrj.go.jp/t/166741/watch/news_tyus/entry/20160809-07.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)新着雑誌
    日刊工業新聞社「プレス技術」9月号
    <特集>・発想力で勝負するプレス・板金加工技術
・現場力を引き出すプレス・板金加工の安全対策
        http://www.ido21.com/mm/pw.16.09.pdf   

========================================================
 =●PR=プラスチック工業技術研究会
            http://www.plakougiken.com/

☆8月19日(金)高性能プラスチックレンズの実用化技術とトラブル対策
☆9月8日(木)「金属3Dプリンタが金型づくりを変える」技術講演会
☆9月15日(木)押出成形の高付加価値化技術 技術講座

●エヌプラス~新たな価値をプラスする材料と技術の複合展~2016
  (開催日:9月28日~30日)   http://www.n-plus.biz/

プラスチック工業技術研究会=PR●=

========================================================
   プラスチックに関する技術情報発信プラットフォーム
⇔プラスチックス・ジャパン.com⇔
          http://plastics-japan.com/

========================================================