日本金属プレス工業協会  「 品質保証のためのインライン計測技術の最先端 」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^一般社団法人型技術協会
      創立30周年記念大会<2016年9月21日(水)>
   ⇔プログラム⇔ http://www.jsdmt.jp/30th/pdf/program.pdf
   ⇔申 込 み⇔ http://www.jsdmt.jp/30th/
一般社団法人型技術協会^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^PR

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
           
     「統計数字から見た日本の金型産業の現状と課題」

~金型産業を取り巻く市場環境変化の方向性とは~

講 師(一社)日本金型工業会 会長 牧野 俊清

 世界的な自動車産業の「エコカー開発競争」がアメリカ・カリフォルニア州が求め
る厳しい「安全と環境規制制度」を如何にクリアするかという課題に向けて進んでい
ます。それにつれ世界の金型産業市場もその自動車技術の開発競争により、需要増加
の恩恵を受けているようです。
 今回、市場が自動車産業集中の中で日本の金型業界もプレス金型・プラスチック金
型等各種金型が如何にこの流れに対応しているのか。日本金型工業会牧野会長により、
統計数字から分析して以下項目を中心に現状を紹介していただきます。 
 ・世界の金型生産状況
 ・世界の金型輸出入状況(各国現地統計)
 ・割り算等をしてみる工業統計
 ・素形材産業と金型産業統計
 ・マスター認定制度を含めた日本金型工業会活動
 ・インダストリ-4.0等のトピック

★日 時 平成28年9月27日(火)18時~20時
★会 場 政策研究大学院大学1教室
       http://www.grips.ac.jp/about/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
・メール info@npo-admf.org
      (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ 金 型 産 業 情 報 ■

<2016.09.16No.70>
            http://www.ido21.com

■☆金型産業情報 本号目次☆■ 

                
日本金属プレス工業協会
         第98回金属プレス加工技術研究会

   「 品質保証のためのインライン計測技術の最先端 」

                 
               
★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)科学技術振興機構 
    先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会

■2)産業技術総合研究所
  自動車業界との連携による国際標準規格ISO 16063-17の発行
 -衝突安全性に資するひずみゲージ式加速度計の評価手法を確立-

■3日本金型工業会中部支部
  第31回 金型関連技術発表交流会 開催

=====================================
        日本金属プレス工業協会

      第98回金属プレス加工技術研究会

「 品質保証のためのインライン計測技術の最先端 」

 これからのプレス加工では品質の維持と安定化、さらには高効率生産が重要課題となります。

この研究会では、その課題解決の要となるインライン計測について取り上げました。

・日 時 平成28年10月24日(月) 10:00 ~ 17:00
・会 場 東京:機械振興会館 6階 6-66
・プログラム
  【総合司会】 元湘南工科大学 教授 片岡 征二
(1)精密加工におけるインプロセス計測 
                     東京工業大学 未来産業技術研究所 准教授 吉岡 勇人
(2)業界最速を誇る自動車車体・シャシ溶接部品のインライン検査システム  
                  ㈱ミツトヨ 営業技術部 計測ソリューション課 主席 萱場 義隆
(3)3Dスキャナーによるインライン形状測定
            ㈱オプトン 3D計測応用製品開発PJ 係長 田中 秀行 ・係長 顧 若偉
(4)インラインロボット検査システム
         カールツァイス㈱ IMTディビジョン アプリケーション マネジャー  竹田 和博
(5)光コム方式による表面品質・形状のインライン測定
                 ㈱光コム 取締役COO 上席システムコンサルタント 野田 直孝
(6)各種自動車用部材の外観検査 
(7)音響センサによるプレス加工微細穴の検査技術
        長野県工業技術総合センター 精密・電子技術部門 加工部 研究員 長洲 慶典
(8)品質保証のためのIoTの活用               ㈱アムイ 代表取締役 山田 浩貢
(9)総合討論  (総合司会 片岡征二 氏、講師全員)
・定 員 80名
・参加費 本協会会員 10,000円(テキスト代含む)
     会 員 外 15,000円(テキスト代含む)
・ 申込方法  http://www.nikkin.or.jp
==================================

★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)科学技術振興機構 
    先端的低炭素化技術開発(ALCA) 新技術説明会

・日 時 2016年10月06日(木) 10:55~15:55
・会 場 JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
       https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/alca/2016_alca/access.html
・プログラム
(1) 無機ナノファイバーを利用したイオン液体の増粘・ゲル化技術
(2)大容量グラフェンスーパーキャパシター
(3) 超小型太陽光励起レーザ応用システム
(4)マテリアルインフォマティクスによる触媒開発
(5)触媒によるリグノセルロース分解
(6)低温排熱で発電するための新規な蒸気サイクル
(7) 酢酸発酵によるリグノセルロースからの先進高効・率エタノール生産
(8) 固体冷媒を用いた次世代磁気ヒートポンプの研究開発
・参加費 無料
・問合せ先 科学技術振興機構 環境エネルギー研究開発推進部 
        TEL:03-3512-1543 FAX:03-3512-3533
         Mail:alcaアットマークjst.go.jp
       URL:http://www.jst.go.jp/alca/
・参加申込 https://shingi.jst.go.jp/view.php?pageId=40&revision=0&refererPageId=2228

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2) 産業技術総合研究所
  自動車業界との連携による国際標準規格ISO 16063-17の発行
 -衝突安全性に資するひずみゲージ式加速度計の評価手法を確立-
 《ポイント》
 ・遠心加速度による一次校正方法を定めた国際標準規格の発行
 ・遠心校正の技術的信頼性を確保したラウンドロビンテストの実施
 ・自動車輸出に伴う衝突認証における適合性評価のエビデンスの提供

http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/2016/nr20160906/nr20160906.html

~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)日本金型工業会中部支部
 第31回 金型関連技術発表交流会 開催

・日 時 平成28年11月 4日(金) 午後1:30~6:00
・会 場  アパホテル 名古屋錦エクセレント 4階 旭の間
     愛知県名古屋市中区錦 3-15-30 地下鉄「栄駅」
・プログラム
(1)「 油仕様の放電加工機のコストダウン、型彫放電・ワイヤカット放電 細穴放電におけるその効果とメカニズム 」
(2)「 ダイヤモンド結晶体PCDボールエンドミルを用いた切削による鏡面加工技術 」
(3)「 最新制御装置を用いた金型加工機 」
(4) 聴講者に並びに発表者、技術委員による情報交流会
・定 員 50名
・参加費 技術発表会 無料
・交流会 日本金型工業会 会員企業=1名当たり3,000円、会員外企業=1名当たり4,000円

==================================================================
=●PR=プラスチック工業技術研究会 
            http://www.plakougiken.com/
●エヌプラス~新たな価値をプラスする材料と技術の複合展~2016
  (開催日:9月28日~30日)   http://www.n-plus.biz/
プラスチック工業技術研究会=PR●=
=========================================================
   プラスチックに関する技術情報発信プラットフォーム
⇔プラスチックス・ジャパン.com⇔
          http://plastics-japan.com/
========================================================