経済産業省「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー」を開催

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

WEB&DBシステムの独自開発

~金型企業が社内で取組むICT化の現状~

講 師 (株)打田製作所 代表取締役 打田 尚道

ICT(情報通信技術)時代を迎えた製造業の中で、金属の塊を加工する「金型」は、既にその塊
の中に「精密技術情報」を積み込んだツールとして需要な位置を保持しています。そのための製
造設備は大企行にも劣らない工作機械や工具等を用いて歩んできましたが、ここにきて世界中でハ
ードと同時にソフト技術による、高度な研究技術の開発競争に突入して来ました。 その基本は
インターネットによるICT技術の活用であり、金型というツール加工にも ICTを活用せざるを得な
くなってきました。
 今回、講演をお願いしました打田社長は80年の歴史を持つ老舗金型企業の3代目と して、独
自に金型企業向けのICTシステムを開発し、大企業ユーザーへのサービスを 提供、低コスト・高
精度・高能率という厳しい金型技術への要求に対応してきました。
 今、中小企業の経営者が「第4次産業革命」というコンピュータやインターネットによる「ICT」へ
の取組を避けることができない時代を迎えた時に、その経験に挑戦している状況をお話しいただ
きます。
(1)会社概要
(2)中小企業が情報システムを独自開発した経緯
(3)何か変わって、何を変えなかったか。成功したこと、失敗したこと。
(4)社内ビッグデータは”儲け”の宝箱を開ける鍵

★日 時 平成29年4月25日(火) 18時~20時
★会 場 政策研究大学院大学 4階4F
      http://www.grips.ac.jp/about/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
          ・メール info@npo-admf.org
(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail(5)会員/非会員
★定 員24名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
★お願いの件:下記の大阪開催と異なりますので、申し込みの際には「4月25日」と記入下さい。

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

          「金型」で世界の自動車企業を支え続ける 

        関西の自動車金型大手企業「明星金属工業㈱」訪問

              講 師 明星金属工業㈱ 代表取締役社長 上田幸司

 1950年(67年)に、大阪の城東区でアルミニウムを使った家庭用金物や建築用金具の生産
で立ち上がった同社は、その後プレス金型製造にチャレンジして、大きく成長して来ました。
 特に当時のユーザーからの金型に求められた大型化や高精度化に対応するため、工場の増
設、設備の拡大、生産技術の合理化等を図ってきた他、自動車用金型への注力を行って韓国
・タイ・インドネシア等への海外進出も積極的に展開しています。
 今回、社長の上田幸司様に同社の成長発展の軌跡、その具体的な企業活動、自動車金型の
技術力、展望等を含めて紹介を頂きます。 なお、同業者の方でご遠慮頂く場合があります。

★日 時 平成29年4月21日(金)14時~16時
★会 場 明星金属工業㈱
      大阪府大東市野崎4-5-12
      http://www.meisei-metal.co.jp/access.html
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
   ・メール info@npo-admf.org
    (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail(5)会員/非会員
★定 員 20名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ 金 型 産 業 情 報 ■

<2017.4.06.No.22>
http://www.ido21.com

■☆金型産業情報 本号目次☆■ 

              経済産業省

   「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー」を開催
  ~シリコンバレーで何が起きているのか、将来自動車産業にどのようなインパクト?~
                            

           ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)東京商工会議所
    新しい市場のつくりかた
   ~特別な技術がなくても、見たことのない商品・サービスをつくりだすヒント~

■2)素形材センター/経済産業省
   平成29年度素形材産業海外ミッション(ブラジル)

■3)日本塑性加工学会
(1)東関東支部 平成29年度総会・第50回技術懇談会
      「塑性加工による接合技術の展開」
(2)東京・南関東支部
     「平成29年度総会・支部賞受賞講演会 第10回技術フォーラム・技術交流会」
 
==========================================

            経済産業省

   「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー」を開催
  ~シリコンバレーで何が起きているのか、将来自動車産業にどのようなインパクト?~

 2017年3月29日「シリコンバレーD-Lab×素形材産業セミナー~モビリティ・イノベーションと
未来成長へのきっかけ~」というテーマでを開催されました。
 シリコンバレーへの進出やモビリティ・イノベーション、自動車産業の変革に関心のある素形
材企業や自動車関連企業、大学や金融機関、地方自治体等から総勢約300名が参加がありました。
「モビリティ・イノベーション」がシリコンバレーでは起き始めています。シェアリング、コネ
クテッド、電気自動車、自動運転がこれまでにない勢いで発展しており、我が国の製造業、とり
わけ自動車産業に大きな影響を与えると考えられます。
 本セミナーでは、シリコンバレーD-Labプロジェクト※1の主要メンバー及び素形材産業海外ミッ
ション※2の参加企業をお招きしてシリコンバレーで何が起きているのか、将来自動車産業にどの
ようなインパクトがあるのか、海外進出するためには何が必要か、そもそもシリコンバレーで日
本の製造業が活躍できるのかなど、今後のビジネスを模索する上で参考となる情報を発信しました。

※1シリコンバレーD-Labプロジェクト
 シリコンバレーD-Labプロジェクトは、シリコンバレーで自動車業界に起きている変化を日本に伝える
シリコンバレー在住の日本人による有志活動として生まれたプロジェクト。シリコンバレーの自動車業
界のリーダー、有識者へのインタビューから得られた成果を日本の自動車産業に携わる方々、特にシリ
コンバレーなどに拠点を持たない部品・素材メーカーの方々に広く伝える事を目的としており、これま
でに、トヨタリサーチインスティテュート、スタンフォード大学、スタンフォード大学の産学連携促進
団体である「CARS」等の協力を得ております。

※2素形材産業海外ミッション
 経済産業省では、昨年に引き続き本年2月、海外進出を模索している素形材企業十数社とともにシリコ
ンバレーを訪問するミッションを実施。自動車産業の破壊と創造が目前に来ていることを感じつつ、実
はシリコンバレーは試作等が活発に行われる一大製造拠点で日本企業並みの技術もあること、一方で技
術力のある日本企業には十分チャンスがあること、チャンスを生かすためには相応の行動力が必要なこ
となどを感じました。

<シリコンバレーD-Labプロジェクト レポート 全文>
(1)はじめに
(2)自動車業界に起きている4つのビッグトレンドを理解する
   *シェアリング
   *コネクテッド
   *電気自動車(EV)
   *自動運転
(3)自動車産業を襲う破壊的影響
(4)新時代のビジネスチャンス
(5)成功事例集(部品メーカー等)
(6)各インタビューの概要 7.まとめ

 http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170404002/20170404002-1.pdf

 本レポートは、様々な有識者へのヒアリングや各種調査・データ 等を踏まえ、シリコンバレーD-Labの
見解をまとめたものです。 本活動は有志活動であって企業活動とは一切関係ないもので あり、この活
動レポートは特定企業を否定するためのものではなく 急加速するトレンドの波が、仮に押し寄せたとき
に想定される危機 を広く共有し、起こっていることの本質をご理解頂き、次のビジネス チャンスに向け
た新しい取り組みをいち早く起こすキッカケの提供を 目的としております。
                                

<担当>  製造産業局素形材産業室長 蘆田
                  担当者:岡本、織原 
       電話:03-3501-1511(内線 3827~9)
                 03-3501-1063(直通)

==========================================

             ★☆・・情報ファイル・・☆★   

■1)東京商工会議所
    新しい市場のつくりかた
   ~特別な技術がなくても、見たことのない商品・サービスをつくりだすヒント~
・日 時 2017年04月24日(月)18時30分〜20時30分
・場 所 コンファレンススクエア M+ 「ミドル1・2」
・講 師 専修大学 経営学部 准教授 三宅秀道
・定 員 80名
・料 金 会員料金:無料 一般料金:無料
・URL http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-75592.html
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)素形材センター/経済産業省
 平成29年度素形材産業海外ミッション(ブラジル)
・日 程  5⽉19⽇(⾦)~5⽉21⽇(⽇)
・募集定員 最⼤20名
・ ミッション参加費(18万円程度を予定)
・申込⽅法  s-seizo-sokeizai@meti.go.jp
・問合せ先︓経済産業省素形材産業室 岡本、織原 TEL   03-3501-1063  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)日本塑性加工学会

(1)東関東支部 平成29年度総会・第50回技術懇談会
      「塑性加工による接合技術の展開」
   ・開催日 平成29年04月21日(金)13:00~ 19:00
   ・日本大学生産工学部 津田沼キャンパス
     https://www2.jstp.jp/event/event.php?mode=detail&id=893 
 (2)東京・南関東支部
     「平成29年度総会・支部賞受賞講演会 第10回技術フォーラム・技術交流会」
    ・開催日  平成29年04月21日(金)13:00~ 19:00
    ・会 場  芝浦工業大学(芝浦キャンパス) 802教室
        https://www2.jstp.jp/event/event.php?mode=detail&id=894

  ===============================

⇔PR⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔<中国金型工業協会>⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔

       「中国国際金型技術と設備展示会(DMC2017)」
  2017年6月13日(火)~6月16日(金)上海新国际博览中心で開催
(1)展示会案内 
      http://www.ido21.com/mm/DMC2017.pdf

(2)DMC2016バイヤープログラム:特典等詳細案内
http://www.ido21.com/mm/DMC2017.buyers.doc

⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔PR⇔

=======================================================
=●PR=プラスチック工業技術研究会 
        http://www.plakougiken.com/
プラスチック工業技術研究会=PR●=
=========================================================
 プラスチックに関する技術情報発信プラットフォーム
⇔プラスチックス・ジャパン.com⇔
          http://plastics-japan.com/
========================================================