2007年 納刊号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆<PR・NPOアジア金型産業フォーラム>
  2008年1月例会 「第25回・金型産業未来塾」

「微細プレス加工の限界~国内に生き残る技術戦略」
~金型技術者の育成  求められる金型設計者とは~
                     講 師 ㈱セキコーポレーション 伊藤国吉

 今回の㈱セキコーポレーションは、弱電小物部品の精密プレス金型製作か
らプレス加工、組立までの一貫生産を行っており、国内4拠点・海外2拠点で
生産活動を行っています。経済産業省の2006年度「元気なモノ作り中小企
業300社」に選定され、同年には多摩ブルー賞最優秀賞を受賞しています。
 講師の伊藤取締役開発室長は、プレス金型設計のベテランで、金型内組立
等のユニーク:な金型設計を得意としており2005年「第一回ものづくり日本大
賞」優秀賞を受賞しています。
最近は、産学連携を通じて微細な部品のブレス技術研究を行っており国内に
生き残れるコア技術を模索しています。金型内組立のノウハウやマイクロ部
品プレス技術を説明し、金型設計者のあり方や育て方について参加者と討論
を行います。
<同社紹介>金型内組立て技術と一貫生産体制でコストダウン
   http://j-net21.smrj.go.jp/develop/monodukuri/2007/07/post_40.html
 ★場 所 日本工業大学専門職大学院    
      東京都千代田区神田神保町2-5 TEL03-3511-7591
      http://www.nit.ac.jp/senmon/contents/08access/access.html 

 ★日 時 平成20年1月29日(火)午後6時30分~8時30分  
 ★申込はこちらへ
       → http://www.npo-admf.org/pdf/08.01.miraizyuku.pdf
 ★定  員 40名
 ★参加費 1000円
PR・NPOアジア金型産業フォーラム>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     ■■■IDOメールマガジン■■■<2007.12.26 No.98>
******************************************************************
              【2007年 納刊号】

 今年も後数日です。お仕事もまもなく終わりますね。

金型等素形材産業は、「自動車産業」という2万から3万点という部品を抱える
巨大な産業が熾烈な国際競争を展開しているお陰で何とかわが日本国も忙しい
し、お隣の中国という巨大な人口国が資源と成品を求めていることからわが国の仕
事を忙しくしてくれているようです。

 更にこれからはASEANを中心に”アジア地域”が世界のビジネスターゲットとして
今後益々注目地となりそうです。

 これは技術力を持つ、わが国の21世紀に生きる中小企業には、素晴らしいビジネス
チャンスとなります。しかし、経営力が不足する中小企業がグローバル競争には参戦
することが難しい。

 日本の中小企業が生き残るためのキーワードは”グローバル”への対応です。アジアの
製造業に携わる華僑たちは元気です。来年の日本の中小製造業も元気になって、アジア
と戦ってもらいたいと思います。せっかくのチャンスを智恵とアクションで如何に未来を
掴み取るか!

 来年も週2回の【IDOメルマガ】を配信させていただきます。良いお年をお迎え下さい。
本日を持ちまして納刊号と致します。

 ありがとうございました。