型技術協会 「欧州の金型加工技術と応用事例」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラ                

  ■2012年12月例会 「第84回・金型産業未来塾」■

        東京・大田区のグローカル戦略

  「日本のアジア戦略基地”タイ”から世界市場への拡大とは」

    

   講 師  公益財団法人 大田区産業振興協会 専務理事 山田伸顯

 日本の中小製造業の集積地として東は東京大田区、西は東大阪地区といわれたきた。

  しかし、1985年のプラザ合意以降、ますます厳しくなる円高の圧力により、中小企業は大企業からコストダウン要求をいまだに受け続け、さらにはリーマンショック・東日本大震災によるサプライチェーンの世界的な寸断等が重なり、わが国の現状回復力は遅々として鈍っている。

 東京・大田区の中小企業が得意とする製造品は、生産設備を構成する機械要素や電子 品等のデバイスやさまざまな特殊部品である。しかし、これらの生産部品・機器を供給する中小製造業は、第1次/第2次サプライヤーの海外移転に伴い、国内市場の縮小傾向よる仕事の減少に見舞われ、ユーザの現地調達切り替えにより海外生産にも応じなければならなくなるなど、自らも海外市場への展開を余儀なくされている。

 今回、大田区の産業振興を担う大田区産業振興協会の山田伸顯専務理事から、上記のような中小企業がグローバル化に如何に対応しているかという状況や、空洞化を乗り越える新市場開拓、羽田空港国際化に合わせた「グローバル・アライアンス・センター」構想など、第1線の支援機関としてサポートしているお話を聞き、皆さんと中小製造業の困難状況克服について、議論をいたします。

★日 時 平成24年12月21日(金)18時~20時

★会 場 日本工業大学神田キャンパス 

 http://mot.nit.ac.jp/images/submenu/accessTable01.gif

★申込はこちらへ 

  ・ http://www.npo-admf.org/

  ・メール info@npo-admf.org

    (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

過去のIDOメールマガジン:http://d.hatena.ne.jp/kappaketsu/archive/ 〕

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

   ■★IDOメールマガジン本号目次★■  

  

  (社)型技術協会  第108回型技術セミナー

      欧州の金型加工技術と応用事例

   -欧州経済を支える加工関連技術の最新動向-

                                 

        ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1))(社)産業環境管理協会、

    エコプロダクツ2012[第14 回]

■2)中小企業庁

   「中小企業取引相談目安箱」を設置

■3)中小企業庁

  「平成24年度グローバル技術連携支援事業」(2次公募)の採択決定

■4)新着雑誌

・日刊工業新聞社「プレス技術」平成25年1月号

    <特集>新たな可能性を拓くプレス/板金加工の技術展望

     http://www.ido21.com/mm/pw.13.01.pdf

・産業技術総合研究所「TODAY」12月号

    <特集>超電導エレクトロニクスの展望

     http://www.ido21.com/mm/TODAY.12.12.pdf

・ニュースダイジェスト社「生産財マーケティング」12月号

    <特集>長時間・無人加工への挑戦

   

========================

  (社)型技術協会

      第108回型技術セミナー

     欧州の金型加工技術と応用事例

  -欧州経済を支える加工関連技術の最新動向-

 欧州でのユーロ安を背景に好調なドイツ経済において、その産業を支えてきている工作機械群の最新技術動向について紹介します。ドイツを中心に欧州の工作機械業界では、画期的な技術が数多く出現してきており、それが欧州地域で現在、どのように活用されてきているかは日本ではあまり知られていません。

 本セミナーでは、工作機械の最新動向を知って頂くために、ユーロモールド2012等で紹介された最新の技術情報の紹介を交えつつ、欧州での加工関連技術とその応用事例について講師の方々からの事例紹介を頂く予定です。

 微細・精密加工、意匠面の加飾加工、高速・高精度加工、不具合解析技術、工具・治具管理の効率化などについて最新の情報や、参考となる事例が満載です。ぜひ奮ってご参加下さい。

・日 時:2013年1月23日(水) 10:00 ~ 17:00

・場 所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎

     神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

プログラム

演者:(講演順)

司 会:九州工業大学  楢原 弘之 氏、(株)クライムエヌシーデー  高橋 啓太

(1) 「ドイツHERMLE社の多軸工作機械の最新技術情報」

             愛知産業(株)  内山 治

 (2) 「再研工具におけるオーダーメイド再研削とマイツールの提案」

         ワルタージャパン(株)   浅野 善規

 (3) 「ドイツ BLUM NOVOTEST 社の最新機上計測技術情報」

            (株)ブルームLMT  左山 邦彦

 (4) 「ドイツDMGのレーザ加工技術を用いた最新シボ加工事例」

      (株)森精機セールスアンドサービス  上田 真広

 (5) 「ドイツEOS社の粉末積層造形システムEOSINTによるAM最新事例」

   (株)NTTデータエンジニアリングシステムズ  酒井 仁史

 (6) 「ドイツGOM社における非接触計測の自動化と応用事例」

           丸紅情報システムズ(株)   赤羽 孝彦

 (7) 名刺交換交流会

・参 加 費:いずれもテキスト1冊を含む

    会 員  20,000円(会員の対象は主催・協賛団体会員です)

    型技術協会学生会員   1,000円

    一 般  30,000円

    ※個人会員A入会申込付き  27,500円

・募集人数:50名

・申込締切:2013年1月16日(水)

・申込方法:ホームページよりオンライン申込(http://www.jsdmt.jp/)

・問合せ先 一般社団法人型技術協会  

        TEL 045-224-6081 FAX 045-224-6082

  ★☆■・・情報ファイル・・■☆★

■1)(社)産業環境管理協会、

    エコプロダクツ2012[第14 回]

・会 期: 2012 年12 月13 日[木]~15 日[土] 10:00~18:00 〔15 日(土)は10:00~17:00〕

・会 場: 東京ビッグサイト 東1~6 ホール

・入 場 料: 無料 (登録制) ※ホームページ(http://eco-pro.com)で来場事前登録受付中

・出展者一覧 http://eco-pro.biz/ecopro2011/events/list.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)中小企業庁

   「中小企業取引相談目安箱」を設置

 中小企業庁では、下請代金法の規制対象の有無を問わず中小企業の取引全般に

ついて、御意見、御相談をメールで受け付けるための「中小企業取引相談目安箱」設置しました。下請代金支払遅延等防止法違反事実に関する情報提供・申告を行うための専用フォームを設置しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

https://wwws.meti.go.jp/interface/chusho/subcontractors_report/index.cgi

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)中小企業庁

  「平成24年度グローバル技術連携支援事業」(2次公募)の採択決定

 中小企業庁では、平成24年度グローバル技術連携支援事業」(2次公募)について、採択審査委員会にて厳正に審査を行った結果、合計42件の事業計画を採択することといたしました。なお、小規模企業を含む案件は36件(約86%)となっています。

<採択一覧>

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2012/download/1129glo-kekka-1.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)新着雑誌

   ・日刊工業新聞社「プレス技術」平成25年1月号

    <特集>新たな可能性を拓くプレス/板金加工の技術展望

     http://www.ido21.com/mm/pw.13.01.pdf

・産業技術総合研究所「TODAY」12月号

    <特集>超電導エレクトロニクスの展望

     http://www.ido21.com/mm/TODAY.12.12.pdf

・ニュースダイジェスト社「生産財マーケティング」12月号

    <特集>長時間・無人加工への挑戦

     http://www.ido21.com/mm/seisannzai.12.12.pdf

 


コメントを残す