日本塑性加工学会 「鍛造加工の基礎と応用」

PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/        
 
           型技術協会 第123回「技術交流会」
                    2015年1月21日(水)
          「日本エリコンバルザース(株) 静岡工場」
   ~環境対応技術 日本最大級 (10M) プラズマ窒化処理を学ぶ ~
           http://www.jsdmt.jp/04koryukai/123.html
                             
                                     一般社団法人型技術協会・PR+++
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
                        
   日本の素形材メーカー生き残りのための海外展開を考える
        ~タイ・インドネシア・マレーシアを中心に~                   
 
                                              講 師 大阪産業大学 教授 前川 佳徳 
 
 
日本の素形材メーカーの主たる顧客は自動車メーカーとそのTier 1である。
この自動車メーカーとTier 1は製造拠点の海外移転を進めており、さらに部
品の現地調達を推進している。その結果、素形材メーカー(Tier 2/3)は、
国内での受注減に対し、海外での製造拠点展開を考えないと生き残りが難し
くなってきている。
 では、どこへ出て行けばよいのか? 国内でもやっていけるのか? 中国
やタイですでに展開している企業は、次を考えなくてもよいのか? それら
について、客観的データと現地で感じた主観的私感を紹介し、皆様とご一緒
に考えてみたい。
 自動車メーカーとTier 1は市場のあるところへ出ていく。素形材メーカー   
 
  (Tier 2/3)は、いくつもの国に出かけて行けるわけではない。とくに初めて
の海外展開の場合は、タイがお勧めである。本講演ではタイ、インドネシア、
マレーシアを中心にお話をしたい。
 
(1)日本の自動車メーカーの海外展開、ASEANでの展開
(2)アジア各国の素形材技術レベル
(3)アジア各国でのビジネスのしやすさ
(4)タイで展開する日系金型製造業の事例紹介
(5)アジア各国の今後の成長予測
   
★日 時 平成26年12月25日(木)18時~20時 
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
     http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
       ・ http://www.npo-admf.org/
       ・メール info@npo-admf.org
         (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆                     
          ■金型産業情報■<2014.12.12No84>   
                     
                                 
                            ■★金型産業情報 本号目次★■                
 
            日本塑性加工学会

                         第139回塑性加工学講座
                       「鍛造加工の基礎と応用」
 

                                 
                                                     
                  ★☆・・情報ファイル・・☆★

                    
■1)「RiskMap 2015」セミナー
      ~グローバル展開における2015年のリスク環境~

■2)ニッセイ基礎研究所

  アジアビジネスと人的資源
 ~今後、ビジネス上重要度を増すのは「ベトナム」、「インドネシア」、「インド」

■3)日本政策金融公庫
 海外展開に成功した中小ものづくり企業にみられる国際的生産体制の構築

 ~海外進出先顧客の調達姿勢の変化に対応した現地生産拠点運営事例の考察

■4)新着雑誌

  ・日刊工業新聞社「機械技術」12月号
   <特集>高精度・軽量材料CFRPの最新加工技術を探る

=======================================
 日本塑性加工学会

    第139回塑性加工学講座
    「鍛造加工の基礎と応用」
 
 競争力のある鍛造品を開発し生産をするためには,最適な鍛造工程設計と高能率で安定し
た生産の実現が重要です.そのためには金型材,被加工材,潤滑,鍛造設備そして鍛造シミ
ュレーション技術に至るまで幅広い知識が必要となります.本講座では8月に開催した「第201
回塑性加工技術セミナー わかりやすい鍛造・基礎セミナー(演習付き)」を受講された方や鍛
造の実業務に必要な知識を習得したい方を対象に,鍛造加工に関する講義を実施します.
 
・日 時 平成26年12月15日(月)- 12月16日(火)9:20~16:50            
・会 場  東京電機大学 東京千住キャンパス 1号館1階100周年ホール 
              アクセスマップ:http://web.dendai.ac.jp/access/tokyosenju.html
・プログラム
<12月15日>
 (1) 開会の辞 日本塑性加工学会鍛造分科会主査 五十川幸宏君
  (2) 鍛圧技術における最近の進化と可能性. 大阪大学名誉教授 小坂田宏造
  (3) 鍛造用潤滑剤について        日本パーカライジング(株)  小見山 忍
  (4) 鍛造用鋼材                      (株)神戸製鋼所 並村 裕一
 (5) 金型用鋼材の特徴と種類              日立金属(株) 阿部 行雄
<12月16日>
(1) 金型への表面処理技術                  岐阜大学 土屋 能成
(2) 鍛造CAEの基礎                    日本工業大学  瀧澤 英男
(3) 精密冷間鍛造に必要な基礎知識        (株)ケイ&ケイ    安藤 弘行
(4) 温・熱間鍛造の実例                 (株)メタルアート  岡嶋 一晃
・定 員: 80名
・詳 細  http://www.jstp.jp/r/jp08/index2.php?emode=event_naiyou.php&ID=702&event_no=K139
・参加費一覧 
            参加日数 会員・協賛学会員
            (個人会員) 学生会員 非会員
            2日間 25,000円 12,500円 40,000円
            1日間 20,000円 10,000円 30,000円
            ・1日だけの聴講も受付けます.但し,テキストは2日間通しのものを使用いたします.
            必ず受講希望日をチェックしてお申し込みください.
            ・テキストのみの頒布はいたしません.
・問合せ先: 東京都港区芝大門1-3-11 Y・S・Kビル4階
        TEL: 03-3435-8301 FAX: 03-5733-3730
       
=======================================
 
               ★☆・・情報ファイル・・☆★■1)ジェトロ
 
  「RiskMap 2015」セミナー
      ~グローバル展開における2015年のリスク環境~
・日 時 2015年1月16日(金)13:30-17:30(13:00受付開始)
・場 所 ジェトロ本部(東京)展示場(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階)
   http://www.jetro.go.jp/jetro/profile/map.html
・プログラム 
(1)【ワールドワイド・セッション】2015年の世界情勢
  政治・行政リスク分析部門 
  グローバル・リサーチ・ディレクター チャールズ・ヘッカー
(2)【エリア・セッション1】アジア地域情勢
  中国総代表兼マネージング・ディレクター ケント・ケドル
  政治・行政リスク分析部門
  アジア太平洋地域統括ディレクター スティーブ・ウィルフォード
(3)【エリア・セッション2】南米地域情勢
  政治・行政リスク分析部門
  中南米地域担当シニア・アナリスト ドワイト・ダイヤー
(4)【エリア・セッション3】中近東地域情勢
  政治・行政リスク分析部門
  中東地域担当シニア・アナリスト ヘンリー・スミス
(5)【エリア・セッション4】アフリカ地域情勢
  政治・行政リスク分析部門 
  アフリカ地域担当シニア・アナリスト ロディー・バークレー
・参加費 無料
・定 員250名
・細およびお申し込み方法 
  http://www.jetro.go.jp/events/item/20141209639/
・申込締切り 2015年1月9日(金)
・問合せ先 コントロール・リスクス・グループ(株)(担当:大越)
    E-mail:CRTokyo@controlrisks.com
    ジェトロ海外投資課(担当:助川)
    TEL:03-3582-5235 E-mail:obb@jetro.go.jp
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2)ニッセイ基礎研究所
 
  アジアビジネスと人的資源
 ~今後、ビジネス上重要度を増すのは「ベトナム」、「インドネシア」、「インド」
 
 日本生命保険(相)とニッセイ・リース(株)は「ニッセイ景況アンケート調査
(2014年度上期調査(2014年8月実施、回答企業数4,285社))」を実施し(当
社が集計・分析を担当)、特別調査項目として「アジアビジネスと人材のグロ
ーバル化」として、各企業の考え方や取組みを調査した。
<詳細 >
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)日本政策金融公庫 海外展開に成功した中小ものづくり企業にみられる国際的生産体制の構築
 ~海外進出先顧客の調達姿勢の変化に対応した現地生産拠点運営事例の考察
 中小ものづくり企業にとって海外進出先顧客となる大手完成品メーカー等は、
近年、新興国市場での価格競争に備えて、部品調達姿勢を大きく見直している。
 大手完成品メーカー等の調達姿勢にどのような変化が起きているのかを探り、
それを受けて、競争力ある中小ものづくり企業各社が構築した国際的生産体制
とはどのようなものか、明らかにすることとした。
 
<詳細>
   http://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1411_01.pdf
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)新着雑誌
  
  ・日刊工業新聞社「機械技術」12月号
   <特集>高精度・軽量材料CFRPの最新加工技術を探る

===
過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
  「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
   
=●PR=プラスチック工業技術研究会
  
      ☆12月12日(金)プラスチック加飾技術の最前線
                ⇒  http://www.plakougiken.com
                      プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆   

        ~ 企業向け、2週間の金型設計スクール ~
          平成26年6月15日より順次開講 ・募集要項 

                        http://www.nit-kanagata.com
      『ものづくり小規模事業者等人材育成事業(助成金)』
            http://www.mstc.or.jp/jinzai

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)アイ・ディー・オー・デジタル出版  代表取締役  井戸   潔
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-23-15
電話:043-489-8362  FAX:043-489-8377  携帯:090-4960-1496
e-mail:web@ido21.com  URL http://www.ido21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━