(一社)電気加工学会主催 講習会   「 今なぜ電解加工なのか」

PR□■日本工業大学□============◆
                          平成27年5月23日(土)
   『日本工業大学専門職大学院 10周年記念シンポジウム』
                 「中小企業の成長とイノベーション」
   ・詳細及び申込み
     http://mot.nit.ac.jp/event/symposium/event20150318152858/                        
 
◆============■□日本工業大学■□PR
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム」  
 
 
 ベトナム・ホーチミンに展開する“日系中小企業専門レンタル工場”   
 
        ~管理人と機械があれば全て団地が運営支援~     講 師 ユニカホールディング㈱ コーポレート総括部次長 天野英史
 
 日系企業のベトナム投資が始まったのは1992年頃からだといわれています。すで
にキヤノン、パナソニック、ホンダ、トヨタ、富士通、日本電産、ブリヂストン、富士ゼ
ロックス、マブチモーター、イオンなど1299社が進出しています。最近では韓国のサ
ムソンもベトナムの巨大プロジェクトでASEAN展開をしています。
 当初の日系企業は主に内需型の自動車・バイク・家電であったが、引き続き電子
機器・部品の輸出加工型製造業も増加、最近は食品・医療・消費財・裾野産業と投
資の幅が拡大しています。特に進出地域はホーチミンを中心とした南部ベトナムが
増えています。
 このような大手日系企業の進出に伴い中小企業の投資も増えてきています。しか
し、中小企業は単独で出られないことから、ユニカホールディング㈱は単なる工場を
レンタルをするだけでなく、ワーカの雇用・経理・物流等も代行し、駐在責任者と機
械等を運び込めば、容易に海外生産がスタートできるシステムを開発。すでに1997
年からスタートし18年の実績をもっています。
 今回、同社のコーポレート総括部次長 天野英史講師から下記のような内容で同
社の展開する日系中小企業専用「マネージメント機能付きレンタル工場」の特徴や
実際の運営等について紹介して頂きます。
(1)ASEANにおけるベトナム及びホーチミン市の優位性とは
(2)ホーチミン市の国家プロジェクト「ビーパン・テクノパーク」
(3)マネージメント機能付きレンタル工場設立の背景とその運営実態
(4)レンタル工場では、「会社設立」をする必要がないベトナム進出
(5)いつでも「レンタル工場」から卒業できるシステム
等々、日本の中小企業の進出の悩みを即解決できるシステムの実際を話していただ
きます。ご講演後は講師と質疑・討論を交えて認識を深めて頂きます。
        
★日 時 平成27年4月28日(火)18時~20時 
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
     http://mot.nit.ac.jp/access.html
★申込はこちらへ
       ・ http://www.npo-admf.org/
       ・メール info@npo-admf.org
         (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

                    

            ■金型産業情報■<2015.04.13.No.25>   
          
                                 
                            ■★金型産業情報 本号目次★■  

           (一社)電気加工学会主催 講習会

              「 今なぜ電解加工なのか」

                                                                                      
                                                      
                  ★☆・・情報ファイル・・☆★

                       
■1)ボストンコンサルティンググループ(BCG)
  「インダストリー4.0」、ドイツの製造業コスト削減効果は年12兆~20兆円

■2)経済産業省
  大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査結果

■3)近畿大学理工学部
    『近大ものづくり工房』設立  4月25日(土)に見学会実施

■4)新着雑誌
  ・日本金属プレス工業協会「News Letter」4月号
 
==================================== ]
 
 
  (一社)電気加工学会主催 講習会       「 今なぜ電解加工なのか」

 
  電解加工は工具電極の消耗がない、加工面品質が高い、加工速度が速い、複雑な輪

郭や空洞を形成できるといった特徴を持ち、一品生産の金型だけではなく、航空機や自
動車、医療機器などあらゆる分野の部品製造に利用できる。特に近年、極間フラッシン
グ動作とハイパワーパルス電源の同期制御による高精度・超高速度の電解加工技術の
実用化と、超短電圧パルスによる電解加工微細化の実現によって、電解加工は再び注
目されるようになっている。2011年3月に発足した電解加工研究委員会の活発な研究調
査活動に基づき、委員会メンバーが中心に「次世代型高性能電解加工機の研究開発」
を提案し、昨年11月に総合科学技術・イノベーション会議のSIP(戦略的イノベーション創
造プログラム)「革新的設計生産技術」(管理法人:NEDO)に採択された。本講習会では、
電解加工技術が再び注目される背景を概説したうえ、電解加工の基礎と実際を分かりや
すく解説する。また、最新研究開発動向および応用技術の紹介も行う。
 
・日 時:2015年7月8日(水)  9時40分~16時00分
・会 場:東京大学 本郷キャンパス 工学部11号館講堂)
         http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_12_j.html
・協 賛 精密工学会、レーザ加工学会、型技術協会、日本工作機械工業会、日本機械
      学会、砥粒加工学会、NPOアジア金型産業フォーラム
・プログラム
・司 会: 夏恒(東京農工大学),後藤昭弘(静岡理工科大学)
(1)今なぜ電解加工なのか 小原治樹(元富山大学)
(2)航空エンジン部品にみる電解加工の応用 渡辺光敏((株)IHI)
(3)CO2給湯機コンプレッサ軸受部品への電解加工の適用 寺井文人((株)デンソー)
(4)STEM加工の概要と応用事例 細江廣太郎((株)放電精密加工研究所)
(5)電解研削応用技術 小尾伸昭((株)アクリテック)
(6)透明体電極を用いた電解加工現象の直接観察 国枝正典(東京大学)
(7)超硬合金の電解加工 後藤昭弘(静岡理工科大学)
(8)吸引工具による形状創成加工の提案 夏 恒(東京農工大学)
 ・併    設:電解加工サンプルの展示
・定 員:60名
・参 加 費:会員(協賛を含む) 10,000円,非会員20,000円【会員・非会員とも講習会テキスト代含む】
       学生会員 無 料(ただし,講習会テキストご入用の場合は,4,000円をご負担ください)
        学生非会員 5,000円(講習会テキスト代含む)           
      *参加費・講習会テキスト代とも消費税を含みます.
・資 料:講習会テキストのみ,または聴講者で2冊以上ご希望の場合,1冊4,000円
・申込方法:http://www.jseme.or.jp/document/infomation/dennkaimousikomi.doc  
・申 込 先:summer@cc.tuat.ac.jp (東京農工大学大学院 
        夏 恒, TEL/FAX 042-388-7776)
・申込締切日 6月30日(火)
・詳 細 http://www.jseme.or.jp/document/infomation/dennkai.pdf  
======================================= 
 
 
             ★☆・・情報ファイル・・☆★ 

■1)ボストンコンサルティンググループ(BCG)
  「インダストリー4.0」、ドイツの製造業コスト削減効果は年12兆~20兆円

 ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、「インダストリー4.0」がドイツの製造業に与える影
響を試算したレポートを発表した。
(1)コスト削減:効果はドイツ全体で年間900億~1500億ユーロ(約12兆~20兆円)
(2)市場拡大:インダストリー4.0により、200億ユーロ(2.6億円)から最大400億ユーロ(5.2兆円)
   の市場が拡大が予想される。
(3)雇用・投資の拡大:今後10年間で39万人の雇用、2500億ユーロ(約32.5億円)の投資を生む
   と予想
・詳細 http://www.bcg.co.jp/documents/file185744.pdf

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2) 経済産業省
  大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査結果

 経済産業省は、これまで行われてきたベンチャーキャピタルによる大学発ベンチャーへの
各種支援が大学発ベンチャーの成長に与えた影響を分析するための調査を行い、報告書
を取りまとめました。報告書では、大学発ベンチャーの成長と相関が認められる施策のうち、
ベンチャーキャピタルによる支援が十分に行われている施策と、ベンチャーキャピタルによ
る支援が十分に行われていない施策とをそれぞれ抽出し、整理しています。

<概要>
  http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150410003/20150410003-1.pdf
<調査報告書>
 http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150410003/20150410003-2.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■3)近畿大学理工学部
    『近大ものづくり工房』設立  4月25日(土)に見学会実施

 近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成27年(2015年)4月1日(水)、東大阪キャンパスに理工学
部地域連携先端研究教育センター『近大ものづくり工房』を開設し、4月25日(土)に見学会を
行ことになった。
 また、同日に「大阪東部地域連携による先進的な金型技術の高度化研究(金型プロジェクト)」
の最終報告会も開催する。
・詳細  http://www.news2u.net/releases/134592
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3)新着雑誌
  ・日本金属プレス工業協会「News Letter」4月号
   http://www.ido21.com/mm/jmsa.15.04.pdf

    
================================
     過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
          「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」  

 
PR・+++◆一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/            
 
                型技術協会 第124回「技術交流会」
                 2015年5月22日(金)
           「山口精機工業(株) 金型工場を見る」
    ~自動車業界を支える樹脂部品金型とその成形技術~                                
 
                                                 一般社団法人型技術協会・PR+++◆
 
=●PR=プラスチック工業技術研究会  ☆4月17日(金) 入門/プラスチック成形技術 技術講座
☆4月24日(金) 射出成形金型設計の基本、設計の実際 技術講座
                   ⇒  http://www.plakougiken.com     
               
                           プラスチック工業技術研究会==PR●=

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

      ⇔:金型スクール(平成27年度)開講:⇔

  *初心者向けコース 6月22日(月)~7月4日(土)
  *経験者向けコース
    ・プレス 10月19日(月)~10月31日(土)
    ・プラスチック 11月9日(月)~11月21日(土)
    ・マネジメントコース 7/17(金)~12/18(金)
  *募集要領・お申込み http://nit-kanagata.com 

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR