人材問題分科会「サムソン・海爾(ハイアール)・鴻海(Hon Hai)=新興世界企業の戦略と戦術」

PR^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^一般社団法人型技術協会

創立30周年記念大会2016年9月21日(水)>

⇔プログラム⇔ http://www.jsdmt.jp/30th/pdf/program.pdf

⇔申 込 み⇔  http://www.jsdmt.jp/30th/

一般社団法人型技術協会^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^PR

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

明日<20日(水)>開催!!            

金型技術を核にその強みを生かしたプレス加工

                     ~多彩な製品群の開発と国際化への展開~

講 師 日進精機㈱ 代表取締役社長 伊藤 敬生

わが国の金型産業が、世界でもまれな「専業金型集団」を構築して電機産業・自

動車産業・精密産業等の「金型」という大量生産用ツールで支え続けてきました。

日進精機が平成15年・東京商工会議所が創設した「勇気ある経営大賞」優秀賞

を平成25年に受賞しました。この大賞の主旨は「大きく経営の舵をきる勇気ある決断を

下し、”大きなリスクに挑む”、”高い障壁や常識の打破挑戦する”、”高い理想の追求

を行う”といった行為が顕著な中小企業」を対象としています。金型業界としては長津

製作所に続いて2社目です。

日進精機は下記のように、金型業界でも常に「金型」というキーテクノロジーをベース

に①核となる技術・サービスの深化や、最先端技術を追求する企業、②常識にとら

われない独自の製品・サービスを開発する企業、③障壁の高い市場・産業への参入

や、海外進出に挑戦する企業、④大胆な人材登用や工夫を重ねた技能伝承・人

育成企業として評価されました。

今回、伊藤社長に上記の経営活動とアジアへの進出、特に難しい中国進出の現状

と展望についてもご紹介をいただきます。

(1)会社創立の哲学「最先端技術へのチャレンジ」とは

(2)金型をベースに常識にとらわれない独自の製品開発

(3)障壁の高い海外進出に挑戦<タイ・フィリピン・中国>

(4)大胆な人材登用や工夫を重ねた技能伝承・人材育成

同社⇒ URL:http://www.nissin-precision.com/index.html

★日 時 平成28年7月20日(水)18時~20時

★会 場 政策研究大学院大学1教室

http://www.grips.ac.jp/about/access/

★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org

・メール info@npo-admf.org

(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
           
                             高難易度の自動車部品プレス加工で成長
   ~国内で高付加価値のものづくりにこだわり世界市場へ挑戦~
                                      久野金属工業㈱  専務取締役兼CIO 久野 功雄
 これまで同社は‟第3回ものづくり日本大賞『優秀賞』受賞”、‟グローバルニ
ッチトップ企業100選”、‟攻めのIT経営中小企業百選”等に選ばれ、時代の先端
トレンドに果敢に対応して来た結果としての成果を出しています。
 特に同社が他社との差別化を図ってきたのは「順送型深絞りプレス加工」で、
このところの世界の自動車企業が競い出した環境と安全というキーワードによる
「EV/PHVエコカ―」への対応も可能なプレス加工技術の開発研究を着々と準備し
リチウム電池用ケースでは月産何十万個という生産で自動車企業へ供給しています。
 今回、久野功雄専務取締役から顧客である大手自動車企業とのビジネスを通して
磨かれた来た経営や技術開発の経過と最新技術である「IoT・AI」へも繋がる製造
業への現状と展望についてのお話しもお願いしました。
(1)自動車部品のプレス加工への特化 同社の成長の軌跡 
(2)ロボットプレスラインの自社開発による合理化
(3)超精密MCによる高精度・高速・長時間の加工システムの構築を実現
(4)『グローバルニッチトップ企業100選』・『攻めのIT経営中小企業百選』
(5)差別化された技術から生まれた部品群の紹介
(6)「自動走行車」時代に求められる中小製造業の課題とは
                   URL http://kunokin.com/
★日 時 平成28年8月23日(火)18時~20時
★会 場 政策研究大学院大学1教室
        http://www.grips.ac.jp/about/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
  ・メール info@npo-admf.org
      (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名
★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

                                      ■ 金 型 産 業 情 報 ■

<2016.07.19No.58>

http://www.ido21.com

 

  ■☆金型産業情報 本号目次☆■ 

 

人材問題分科会

「サムソン・海爾(ハイアール)・鴻海(Hon Hai)=新興世界企業の戦略と戦術」

講 師 海爾(ハイアール)顧問     石田賢

 

★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)エレクトロニクス実装学会

カーエレクトロニクス研究会

「自動運転におけるシステム動向とそれを支える最新車載機器」

■2)公益社団法人 精密工学会

「見学付き基礎講座 レーザ微細加工の基礎から最新技術まで」

■3) 中小企業庁

平成27年度における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況

■4) 新着雑誌

・日刊工業新聞社「型技術」8月号

<特集>軽量化・高強度化に向けた部材置換技術

==================================

人材問題分科会

「サムソン・海爾(ハイアール)・鴻海(Hon Hai)=新興世界企業の戦略と戦術」

講 師 海爾(ハイアール)顧問     石田賢

2016年8月例会は、かって㈱サムソン 戦略企画室技術顧問をされ その後海爾(ハイアール)顧問を経験された石田賢先生に講師をお願いしました。  石田先生は大学卒業後 いろいろな職場を経て三菱総合研究所に入られました。  三菱総合研究所では、主に電子分野を中心に種々の調査研究を行われ、その後スカウトされて、サムソンの戦略企画室に入られました。その後海爾(ハイアール)にも技術顧問として参画しておられます。  世界の電子企業を一貫してウォッチしてこられた石田先生がサムソンの歴史、現在までの戦略動向、あるいは海爾(ハイアール)の歴史、開発、販売戦略の中からこれらの新興世界企業の世界戦略・戦術・発展可能性について解説していただきます。

シャープが鴻海(Hon Hai)精密工業の傘下に入り、日本の電子産業の将来図が見えにくくなっていますが、サムソンと海爾(ハイアール)を内部から知る石田先生の話から日本の電子産業の行方が見えてくるものと思います。日本の中小企業の将来に関し、有益な話が伺えるものと思います。関係者お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。  なお、当分科会はいつでも「朝までテレビ方式」のディスカッションを基本にしており、活発な意見の交流を第一の目標に据えております。  関係者お誘い合わせの上、多数御参加下さるようお願申し上げます。

・日 時 平成28年8月2日(火)18:00~21:00

・講 師  海爾(ハイアール)顧問     石田賢先生

・演 題   サムソン・海爾(ハイアール)

・鴻海(Hon Hai)=新興世界企業の戦略と戦術

・場 所  政策研究大学院大 1階 4B 研究会室

03-6439-6000 ・連絡先 橋本久義 政策研究大学院大学

携帯電話 090ー1036ー9416

==================================

  ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)エレクトロニクス実装学会

カーエレクトロニクス研究会

「自動運転におけるシステム動向とそれを支える最新車載機器」

・日 時 2016年 7月25日(月) 13:00~17:30 ・会 場 :回路会館  地下会議室         JR中央線西荻窪駅下車徒歩約7分        http://www.e-jisso.jp/intro/intro07.html

・テーマ 「自動運転におけるシステム動向とそれを支える最新車載機器」

「平成28年度第1回公開研究会」開催

・申込方法  申し込みはここから (定員になりしだい締め切り)       https://bunken.org/jiep/event/jp/index.php?id=116

・学会URL http://www.e-jisso.jp/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)公益社団法人 精密工学会

「見学付き基礎講座 レーザ微細加工の基礎から最新技術まで」
・日 時 平成28年7月25日(月) 10時00分~17時30分

・会 場  三菱電機株式会社 東日本メカトロソリューションセンター       (埼玉県さいたま市南区沼影1-18-6)

・参加費 : 会員(賛助会員及び協賛団体会員を含む)22,000円/

非会員32,000 円/学生会員無料/学生非会員7,000円

・詳 細 第381回講習会詳細はこちらをご覧下さい.

http://www.jspe.or.jp/wp/wp-content/uploads/course/381.pdf

・講習会参加申込 https://www2.jspe.or.jp/form/koshukai/koshukai_form.html

・問合せ先 E-mail:jspe_koushu@jspe.or.jp

・Home Page: http://www.jspe.or.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)中小企業庁

平成27年度における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況

平成27年度における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況等(詳細版)

http://www.meti.go.jp/press/2016/07/20160713001/20160713001-2.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)浜銀総合研究所

メキシコ自動車市場月次統計(2016年6月)輸出減速で16年上期生産は前年割れ

:内需堅調だが韓国車のシェア急拡大に要注意
https://www.yokohama-ri.co.jp/html/report/pdf/MX1606.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■5)新着雑誌

・日刊工業新聞社「型技術」8月号

<特集>軽量化・高強度化に向けた部材置換技術

http://www.ido21.com/mm/dmt.16.08.pdf

========================================================

=●PR=プラスチック工業技術研究会

http://www.plakougiken.com/

☆7月22日(金)射出成形の可塑化技術とスクリュ、シリンダ 技術講演会

☆7月28日(木)成形不良未然防止のための成形技術 技術講座

プラスチック工業技術研究会=PR●=

========================================================

プラスチックに関する技術情報発信プラットフォーム

        ⇔プラスチックス・ジャパン.com⇔

http://plastics-japan.com/

========================================================