日本金属プレス工業協会 「高精度プレス成形解析に必要な計測データの活用と基礎知識」

PR+++・一般社団法人 型技術協会 http://www.jsdmt.jp/

   第119回「技術交流会」

  話題の技術Additive Manufacturing

「(株) NTTデータエンジニアリングシステムズAMデザインラボ」を見る

       一般社団法人 型技術協会・PR+++◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

     

■2013年12月例会 「第96回・金型産業未来塾」■

     中国成長産業・自動車における「プレス金型」

      ~その金型調達の現状と課題

        講 師 松本大学 教授 兼村智也

 

 21世紀に入った中国の自動車生産70万台であった時から急激な成長は、2012年で驚異的な数字1900万台、2013年は2000万台を超えると予想されています。

 その中で自動車生産のキーテクノロジーである「自動車用金型」の生産もその成長を追いかけるように、日本・韓国はもとより欧米の自動車企業や中国ローカル金型企業が懸命な競争を繰り広げています。

 これまで、中国で生産される自動車生産の膨大な生産数に目を奪われた実態がクローズアップされて来ました。

 今回、松本大学の兼村教授が膨大な自動車生産に必要な「金型」の需給関係が如何に展開されて来たかについての研究報告を『生産技術と取引関係の国際移転-中国における自動車用金型を例に』(つげ書房新社)という著書にまとめられ、発刊され ました。その内容をベースに金型調達の実態、金型品質評価等々中国で生産される自動車の製造(金型)の実態や取引に注目した研究報告を中心して解説をお願いしました。

目 次:http://www.ido21.com/mm/china.kanemura.pdf

     

★日 時 平成25年12月12日(木)18時~20時

★会 場 日本工業大学神田キャンパス 

      http://mot.nit.ac.jp/images/submenu/accessTable01.gif

★申込はこちらへ ・ http://www.npo-admf.org/

         ・メール info@npo-admf.org

         (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

〔過去のIDOメールマガジン:http://d.hatena.ne.jp/kappaketsu/archive/ 〕

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□=======◆

   大学発・企業向け金型設計スクール

  <平成25年度 高度金型人材育成講座の受講生募集!!> 

    ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆========■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

=●PR——————-==プラスチック工業技術研究会

☆<明日!>12月6日 成形不良未然防止のための成形技術

☆12月13日 射出成形金型設計の基本、設計の実際

       ⇒ http://www.plakougiken.com

プラスチック工業技術研究会==——————–PR●=

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  ■★IDOメールマガジン本号目次★■ 

  (一社)日本金属プレス工業協会

    

  第92回金属プレス加工技術研究会

「 高精度プレス成形解析に必要な計測データの活用と基礎知識 」

                    

       

      ★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)中小企業庁

   第47回「グッドカンパニー大賞」表彰企業を決定

■2)中小企業庁

  「消費税転嫁対策室」を設置

 ~消費税転嫁に係る取引上のお悩み相談をお受けします~

■3)先端技術産業戦略推進機構

    中小企業の事業システム戦略・成長戦略

■4))経済産業省

  「EV・PHVタウンシンポジウム-in 青森-」開催

   

=============================

  (一社)日本金属プレス工業協会

   第92回金属プレス加工技術研究会

   「 高精度プレス成形解析に必要な計測データの活用と基礎知識 」

  地球環境への負荷低減に対応した自動車の軽量化と更なる安全対策を実現するために、高張力鋼板及びアルミニウム合金の適用が増加している。しかし、これらの材料は、軟鋼板と比べて伸びが小さくスプリングバックが大きい等、成形性が異なるために、効率的な製品及び治工具開発を実現するためには、高精度な成形シミュレーション適用が必要不可欠となっている。本研究会では、板材の材料試験や成形品外形形状計測等を実際に演習しながら、解析精度向上のための計測データ活用法を紹介すると共に、正しく解析を行う上で留意すべき内容について理論的背景及び研究最新動向を踏まえながら述べる。

・日 時 平成26年 1月24日 (金) 13:00 ~ 17:30

・会 場 理化学研究所 和光本所 統合支援施設 2階 大会議室

     (埼玉県和光市広沢2-1 TEL:048-462-1111)

     会場の都合上、受付開始は 12:30 

・総合司会 理化学研究所 研究員 須長 秀行

・プログラム

 (1)開会の辞

 (2)プレス成形解析を利活用するための基礎知識 

          理化学研究所 研究員 高村 正人

 (3)プレス成形解析のための材料試験とその活用法 

          理化学研究所 嘱託 林 央 

 (4)成形品の伸び・板厚計測による成形性評価(実際の実習含む) 

          理化学研究所 研究員 須長 秀行 

 (4)光三次元計測の基礎と鋼板計測 

     (株)3Dイノベ-ション 代表取締役 原 武文 

 (5)プレス成形解析の高精度・高機能化に向けた最近の研究動向 

          京都大学 大学院 准教授 浜 孝之

 (6)理研内設備見学(X線CT装置等) 

 (7)総合討論 総合司会 須長 秀行、講師全員

・定 員 70名

・参加費 本協会会員  7,000円(テキスト代含む)

        会 員 外  12,000円(テキスト代含む)

・申込方法 本協会ホームページ

      → http://www.nikkin.or.jp

・締め切り 平成26年 1月22日(水)

・問い合せ 日本金属プレス工業協会

   TEL:03-3433-3730 

   FAX:03-3433-7505

=====★☆・・情報ファイル・・☆★======

■1)中小企業庁

   第47回「グッドカンパニー大賞」表彰企業を決定

(公社)中小企業研究センターでは、全国の中堅・中小企業の中から経済的、社会的に優れた企業を発掘、顕彰する「グッドカンパニー大賞」の第47回目(平成25年度)の表彰企業を決定しました。「グッドカンパニー大賞」は、昭和42年の創設以来、毎年実施されており、受賞企業数は累計で601社にのぼり、多くの企業が我が国の有力な企業に発展しています。

<グッドカンパニー大賞企業>

http://www.chukiken.or.jp/h25commendation.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)中小企業庁

「消費税転嫁対策室」を設置

 ~消費税転嫁に係る取引上のお悩み相談をお受けします~

 平成26年4月1日に予定される消費税率の引上げに際し、消費税を円滑かつ適正に転嫁できるかどうかは、事業を行う方々にとって最大の懸念事項の一つです。このため、経済産業省では、「消費税転嫁対策室」を設置し、消費税の転嫁に係る取引上のお悩みなどに関し、お電話で、または直接お会いして御相談いただける体制を整備しました。御相談いただいた方の秘密は厳守しますので、御遠慮なく御相談下さい。

<詳細> 

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131002shouhizei.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)先端技術産業戦略推進機構

    中小企業の事業システム戦略・成長戦略

・日 時: 平成25年12月21日(土)13:00~16:30 懇親会(16:40~)

・場 所: 日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール

       (神保町) http://mot.nit.ac.jp/access.html

・プログラム

 (1)「中小企業の事業システム戦略」

        日本工業大学 大学院技術経営研究科 教授  佐々木 勉 

 (2)「成功する中小企業の成長戦略」

    (資本金50万円でスタートした企業が46年間で売上高150億円企業へ)

        オッスイレブンテクニカル協同組合 理事長  山本 勝弘 

 (3)「戦略を支援するITの利活用」 中小企業診断士 高島 利尚 

      ※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)

        を開催(60-90分程)いたします。

 (4)申 込: 添付の案内のFAX送付か、本状の返信にてご連絡ください。

        MOT.Sについては以下のURLをご参照ください。

        http://www.hiia.or.jp/mots/index_mots.html

        下記フォームよりもお申し込みいただけます。

        申込フォーム:http://www.hiia.or.jp/seminar/regist-form.html

・問合せ先  先端技術産業戦略推進機構

  中小企業技術経営大学校担当:濱田、浅海

   Tel. 03-5282-2111 Fax. 03-5282-2137

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)経済産業省

  「EV・PHVタウンシンポジウム-in 青森-」開催

 

・日 時 平成25年12月20日(金曜日)10時00分~16時00分

・会 場 ホテル青森 「孔雀の間」(青森県青森市堤町1-1-23)

・定 員 200名

・内 容 講演、パネルディスカッション、他

・参加費 無料(事前登録制)

・シンポジウムの詳細、申込方法

  http://www.cev-pc.or.jp/symposium2512/index.html