人材問題分科会 「元世界金型工業会 会長が語る~インドネシアの金型産業 現状と課題」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム
     21世紀に期待が高まるインドの経済成長の現況と展望
                ~モディ首相の 「Come Make in India!」とは~
                                             講 師 ㈱エンセス 代表取締役 ニルマラ 純子
  2年前の2014年5月26日に「21世紀の新しいインドの誕生として、ナランド
ラ・モディ首相が成立以来、「インドの工業国転換政策」を強力に推し進めてきました。
そのキャッチフレーズは「Come、Make in India!(インドに来て、インドで作ってほしい)
」と、国内外の企業からの投資を促進し、インドの経済成長の向上と雇用の促進を世界
にアピールして来ました。日本とインドの関係では「インド西部のムンバイとアーメダバードを
結ぶ鉄道に日本の新幹線が採用される」というビッグなも飛び込んできました。また、インド
に進出したスズキが1981年以来合弁会社「マルチ・ウドヨグ」で、最近の販売シェア
が40%近い成績を収めています。
 今回、来日以来16年前に日印コンサルタント会社を起業。日印の市場参入・販売促
進・特許・合弁提携等の活動を行っているニルマラ純子様にモディー首相の経済政策と
インドに進出したスズキの現況、またインドと日本の関係の展望等を以下のようにお話し
いただきます。なお、参加者のは同氏の好意で著書「日本人が理解できない混沌(カ
オス)の国」日刊工業新聞社刊行を抽選で10名の方に贈呈します。
(1)    モディ政権成立の経済政策のポイント
(2)    「Come 、Make in India!」とは
(3)    インドの今後の成長産業10部門
(4)    日系企業のインド進出のポイント
(5)    インドから見たスズキの成長と今後
等についてお願いしました。講演後の質疑と討論を行います。
★日 時 平成28年2月24日(水) 18時~20時
★会 場 日本工業大学神田キャンパス
                         http://mot.nit.ac.jp/outline/access/
★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org
             ・メール info@npo-admf.org
       (1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail
★定 員 50名★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)
NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      過去のIDOメールマガジン: http://www.ido21.com
   「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」
                       ■金型産業情報■<2016.02.01.No.09>
            http://www.ido21.com
                           ■☆金型産業情報 本号目次☆■
                                            人材問題分科会
                                   「元世界金型工業会 会長が語る
          ~インドネシアの金型産業 現状と課題」
          ★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)ジェトロ
    「模倣対策マニュアル ロシア編」無料
■2)2) SOLIDWORKS
  「3次元設計座学と体験」を3ヵ所開催
■3) (一社)日本金型工業会中部支部
  第30回 金型関連技術発表交流会 開催
■4)新着雑誌
 ・日本工業出版「機械と工具」2月号
  <特集>新しいNC制御技術が加工を変える
  <特別企画>高度な要求に応える要素・周辺技術
====================================
               人材問題分科会
                                「元世界金型工業会 会長が語る
          ~インドネシアの金型産業  現状と課題」
 2016年2月例会1は、日本工業大学教授 横田悦二郎先生に講師をお願い
いたしました。
 横田先生は1968年黒田精工(株)入社。2005年にはファインクロダ
(株)社長に就任されました。 黒田精工時代から一貫して金型技術者として技
を磨く傍ら、世界の金型事情を調査されました。
 ことに国際金型協会(ISTMA)やアジア金型工業会協議会(FADMA)
の大幹部として、世界の金型経営者、技術者達と親交を結んでこられました。世
界で最も有名な金型技術者と言っても過言ではありません。
 現在はアジア金型工業会名誉会長、日本金型工業会顧問、アジア金型フォーラ
ム副理事長などの要職を務め、大企業から中小企業までの様々な企業の顧問も務め
ておられます。
 「世界に勝つモノづくり 金型ジャパンブランド宣言」や、「本気でJAPAN
ものづくり戦略」などの本の執筆や日刊工業新聞社の雑誌「プレス技術」に100回を
超える連載を行ってもおられます。
 今回は世界の金型事情を最もよく知る横田先生から、インドネシアの金型産業に
焦点をしぼり、インドネシアで何が起きているか!を中心にして、お話しいただこ
うと思っております。
 こうしてみますと横田先生には本分科会の講師として4回登場していただいてお
ります。今回も皆様の日頃の業務にも必ずや役立つ講演になるだろうと思います。
ご期待下さい。
 なお、当分科会はいつでも「朝までテレビ方式」のディスカッションを基本にし
ており、活発な意見の交流を第一の目標に据えております。関係者お誘い合わせの
上、多数御参加下さるようお願申し上げます。
 なお次回は2月18日(木)ジャーナリストの目から見たワンダーランド日本ウォー
ルストリートジャーナル特派員 エリー・ウォーノック先生、次次回は3月24日(木)
コンピュータ付きブルドーザー田中角栄元総理のリーダーシップ 元総理大臣(田中
角栄氏)秘書官・元通商産業省事務次官小長啓一先生です。
・日 時 2016年2月4日(木)18:00~21:00
・講 師  日本工業大学 教授  横田悦二郎先生
・場 所     政策研究大学院大学 1A会議
・演 題   元世界金型工業会 会長が語る
          ~インドネシアの金型産業  現状と課題
・会 費 無料
・問合せ先   橋本久義  政策研
===================================
                 ★☆・・情報ファイル・・☆★
■1)ジェトロ
    「模倣対策マニュアル ロシア編」無料
 ジェトロでは模倣品被害の多い国・地域における法制度および判例・事例を紹介す
る目的で、主要各国・地域別のマニュアルを発行しております。
 現在、2015年度版 模倣対策マニュアル ロシア編を制作中で、3月までに発行予
定です。無料で発送が可能ですので希望される方は下記URLよりお申し込みください。
なお、本書は、ジェトロのウエブサイトにもPDF形式で掲載予定です。
(1)資料名:模倣対策マニュアル ロシア編
(3)2月26日(金)までにお申込いただいた場合は、3月下旬に発送予定です。
・冊子代、発送代は無料です。
・問合せ 日本貿易振興機構(ジェトロ)知的財産課
     担当:宮本、石丸
     TEL:03-3582-5198 FAX:03-3585-7289
     E-mail: chizai@jetro.go.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2) SOLIDWORKS
  「3次元設計座学と体験」を3ヵ所開催
 iPhoneの快進撃を支えている「利益を生み出す設計」現場の技術力を確実に利益につなげる方法
を豊富な事例に基づいて解説。『デンソーグループ』のユーザ様からの事例講演を用意。
・会  場
(1)つくば国際会議場 【日時】 2016年2月17日(水)
(2)川崎会 場  ハロー貸し会議室川崎駅前 【日時】 2016年2月25日(木)
(3)富士会場  富士市交流センター 【日時】 2016年3月2日(水)
<詳細>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■3) (一社)日本金型工業会中部支部
  第30回 金型関連技術発表交流会 開催
・日 時 平成28年2月12日(金) 午後2時00分~
・会  場 アパホテル アパホテル 名古屋錦 エクセレント 4階 旭の間
・定  員  50名
・参加費 技術発表会 無料
・交流会 (一社)日本金型工業会 会員企業=1名当たり2,000円、
     会員外企業=1名当たり3,000円
・申込方法 裏面申込書を中部支部事務局にFAXにて送付。
・返信先 (一社)日本金型工業会中部支部 事務局
・問合せ先  一般社団法人 日本金型工業会 中部支部
          電話 052-937-0269 FAX 052-937-9889
     URL:http://www.jdmia.or.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■4)新着雑誌
 ・日本工業出版「機械と工具」2月号
  <特集>新しいNC制御技術が加工を変える
  <特別企画>高度な要求に応える要素・周辺技術