帝国データバンク 2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

HIDA<旧AOTS>が育成した海外産業人(開発途上国)の現地活動

~日系企業のアジア進出で見直されるそのネットワークの実績を紹介~

講 師    (一財)海外産業人材育成協会 HIDA総合研究所 鈴木保巳

 

50年以上にわたり、海外の産業人材を黙々と育成してきた‟HIDA(元AOTS/JODC)”は、

制度を利用した受入研修生/海外研修生合計で37万人、派遣した専門家/インターンが

9,000人を超え、日本と現地でのネットワークが形成されています。

創立以来、JETROやJICA等の活動と異なり、①受入研修、②海外研修及び③専門家

派遣により、技術指導・管理研修を行い、生産技術・品質・コスト・納期改善等の人材育

成を行ってきました。

AOTS同窓会がヨーロッパ・ラテンアメリカ・アフリカ・東南アジア/南アジア/東北アジア

という6つの地域ネットワークが構成され、毎年交流会が活発に行われています。

今回、その活動に長く携わってこられた鈴木氏から、HIDAが行ってきた「開発途上国

の産業人材育成事業」を通して、日本が海外展開、特に中小企業が如何にその展開が

できるのかを中心に紹介をお願いしました。

 

(1)HIDAの現地人材育成支援事業の活動

(2)日本の現地人事育成需要

(3)海外進出日系企業による人材育成

(4)人材の育成の効果

(5)HIDA総合研究所が展開するサービスと活用方法

http://hri.hidajapan.or.jp/special/service

 

★日 時 平成28年4月25日(月)18時~20時

★会 場 日本工業大学神田キャンパス

http://mot.nit.ac.jp/outline/access/

★申込はこちらへ http://www.npo-admf.org

・メール info@npo-admf.org

(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です

 

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

■金型産業情報■

 

<2016.04.15.No.32>

 

http://www.ido21.com

 

 

■☆金型産業情報 本号目次☆■

 

 

帝国データバンク

 

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

 

  4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる

 

~ アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 ~

★☆・・情報ファイル・・☆★

 

■1)商工リサーチ

   2015年度「チャイナリスク」関連倒産調査

 

■2)国際貿易投資研究所

TPPは機械・繊維の輸出に追い風

~金属鋳造用鋳型枠、

マシニングセンター、Tシャツの新たな戦略を探る~

 

■3)三菱UFJ技術育成財団

三菱UFJ技術育成財団 助成金公募(第1回目)受付中

■4)中小企業庁

「中小企業等の海外展開の事例紹介セミナー

~海外展開応援隊に学ぶ成功の秘訣~

■5)新着雑誌

・日刊工業新聞社「プレス技術」5月号

<特集>高品位プレス製品のための測定・分析・検査技術

 

================================

帝国データバンク

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる

   ~ アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 ~

国内景気は、公共工事の減少が地域経済を悪化させる要因となっているほか、

中国経済や資源国経済の低迷による金融市場の混乱で企業や家計のマインド

を萎縮させるなど、全国的に悪化している。また、人手不足による受注機会の喪

失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、景気動向は地域や業界、

規模によって業績に与える影響が異なっている。

そこで、帝国データバンクは、2016年度の業績見通しに関する企業の見解につ

いて調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2016年3月調査とともに行った。

調査期間は2016年3月17日~31日、調査対象は全国2万3,342社で、有効回答企

業数は1万622社(回答率45.5%)。なお、業績見通しに関する調査は2009年3月以

降、毎年実施し、今回で8回目

  • 本調査における詳細データは景気動向調査専用HP(http://www.tdb-di.com/)に掲載している

(1)2016年度の業績見通しを「増収増益」とする企業は25.9%。2015年度実績見込

みからは2.0ポイント減少するものの、「減収減益」も3.9ポイントの大幅減少。

2016年 度業績は厳しい見方を強めながらも改善を見込む企業が多い。

(2)2016年度業績見通しの下振れ材料は「個人消費の一段の低迷」が40.7%でトッ

プとなり、「外需(中国経済の悪化)」「所得の減少」が続いた。特に、中国経

済の悪化は前回(2015年3月調査)から倍増しており、中国の景気低迷に危機感を

強めている。他方、上振れ材料は「個人消費の回復」が38.4%でトップとなり、

「公共事業の増加」「原油・素材価格の動向」が続いた。

(3)安倍政権の経済政策(アベノミクス)の成果に対する企業の評価は、100点満点中

60.3点。3年余りにわたるアベノミクスについて60点以上の評価を与えているものの、1年

前より3.9ポイント低下しており、厳しい目で見る企業が増加している。

<報告書>

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160404.pdf

==========================

★☆・・情報ファイル・・☆★

■1)商工リサーチ

   2015年度「チャイナリスク」関連倒産調査

2015年度(2015年4月-2016年3月)の「チャイナリスク」関連倒産は120件(前年度比

90.4%増)で、2014年度のほぼ2倍増と急増した。

<調査報告> http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20160408_08.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2)(一財)国際貿易投資研究所

TPPは機械・繊維の輸出に追い風

~金属鋳造用鋳型枠、

マシニングセンター、Tシャツの新たな戦略を探る~

(一財)国際貿易投資研究所 研究主幹  高橋 俊樹

 

本稿は、金属鋳造用鋳型枠(鋳型を作るときの金属製の枠)、マシニングセンター(様々

な加工を1台で行うことができる数値制御工作機械)、Tシャツなどの肌着(綿製のもの)を

取り上げ、TPPや東アジアのFTAの利用による関税削減がどれだけ域内向けの輸出に有効

であるかを探っている。

金属鋳造用鋳型枠にしてもマシニングセンターなどの工作機械関連においても、中堅・

中小企業の割合が高く、事業規模の小さな企業にもTPPの恩恵が広がることが期待され。

http://www.iti.or.jp/flash274.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■3)三菱UFJ技術育成財団

三菱UFJ技術育成財団 助成金公募(第1回目)受付中

三菱UFJ技術育成財団では、技術指向型中小企業を対象とした助成金公募の第1回目を

受付け中です。業種は問いませんので、新規性に富み、意欲的なプロジェクトのご応募をお

待ちしています。

(1)応募資格:新製品・新技術等の研究開発を行う、設立・創業後もしくは新規事業進出後

5年以内の中小企業または個人事業者。
(2)助 成 額:次のいずれか少ない方の金額を交付

            1) 1プロジェクトにつき300万円以内
2) 研究開発対象費用の1/2以下
(3)申込締切:平成28年5月31日(火)

・詳 細 http://www.mutech.or.jp/subsidy/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■4)中小企業庁

「中小企業等の海外展開の事例紹介セミナー

~海外展開応援隊に学ぶ成功の秘訣~

 

・日 時:平成 28 年4月 26 日(火)9 時 30 分~12 時 20 分

・場所:ジェトロ本部 5 階展示場(港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル)

・プログラム

(1)<パネルディスカッション「海外展開成功の鍵」>
*海外展開成功事例紹介
株式会社ミズキ 代表取締役 水木 太一 氏(海外展開応援隊)
株式会社ひびき 代表取締役社長 日疋 好春 氏(海外展開応援隊)
ミナトゴム株式会社 代表取締役社長 田口 昌也 氏
新輸出大国コンソーシアム パートナー 中根 源彦
(2)パネルディスカッション、質疑応答
モデレーター:ジェトロ・ビジネス展開支援部 新興国進出支援課長 田中 一史
(3) 海外展開支援事業紹介
「中小機構の支援事業について」
中小企業基盤整備機構 販路支援部 販路支援課 課長代理 林 崇郎
「新輸出大国コンソーシアムによる支援について」
ジェトロ・ビジネス展開支援部 新興国進出支援課 課長代理 柴原 友範

<詳細> https://www.jetro.go.jp/events/bda/aad9872512b6ecc0.html

・問い合わせ先

ジェトロ・ビジネス展開支援課 (担当:松本、石原)

Tel:03-3582-5017 Fax:03-3585-1630

E-mail:bda@jetro.go.jp

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■5)新着雑誌

・日本金属プレス工業協会「News Letter」4月号

http://www.ido21.com/mm/jmsa.16.04.pdf

 

================================================================

=●PR=プラスチック工業技術研究会

http://www.plakougiken.com/

☆4月18日(月)月例会「山形大学<グリーンマテリアル成形加工研究センター、

ライフ・3Dプリンタ創成センター>」見学会

☆4月22日(金)入門/プラスチック成形技術 技術講座

☆4月28日(木)三次元表面加飾の最新技術 技術講演会

 

プラスチック工業技術研究会=PR●=

===================================================================